韓国の兵役制度の中に存在していた”芸能兵”が2013年に廃止されてからというもの、その後の有名人の拠り所となった所属部隊が”軍楽隊”となった。現在も、多くのアーティストが軍楽兵として任務を遂行しているが、実際のところ、この部隊は”芸能兵”を引き継ぐ要素があるのだろうか?(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

韓国の兵役制度にある“軍楽隊”に、これまで多くの有名アーティストが所属し、現役活動中の者がいる。

ユンホは、特急戦士として表彰を受けるほど優秀な兵士だった

東方神起ユンホは、特急戦士として表彰を受けるほど優秀な兵士だった。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

それはかつて存在していた、慰問公演などを行う”国防広報院 国防広報支援隊”という部署が廃止されたから。彼らはいわゆる”芸能兵士”と呼ばれ、アーティストとしての実力が発揮できる部隊であったため、非常に人気が高かった。

しかし、当時の所属兵たちの不祥事が発覚。世論からの「芸能兵制度の見直すべき」という声を受けて、2013年に部隊が廃止されると、芸能兵に最も近いとされる部隊が、軍楽隊と言われるようになる。

過去に所属していた有名人は、東方神起ユンホ、JYJジェジュン、SUPER JUNIORのシンドン、ソンミン、リョウク、SHINeeオニュ、キー、VIXXエンなど。現役では、BTOBソンジェ、ヒョンシク、VIXXケン、TEENTOPリッキー、俳優のパク・ボゴム(海軍)などが服務中であり、今年5月に入隊することを明かしたSHINeeのテミンが、陸軍軍楽隊に合格した事を伝えている。

上述しただけでも、そうそうたるメンツだ。

しかし、ここではアーティストである前に”軍人”であるということが最優先なため、厳しい規律の中、決められた時間内で技術を磨かなければならない。そういう意味では、アーティスト活動のことだけを考えている時よりも、精神的にも肉体的にもキツイとも言われている。

オニュは軍服務機関にミュージカルにも出演

SHINeeオニュは軍服務機関にミュージカルにも出演。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

他の部隊のように、前線に出る訓練や肉体的鍛錬は少なく、体育会系なイメージが若干薄まるが、実は軍楽隊の方がどこよりも*軍気に溢れており、上下関係などに厳しいとも囁かれているようだ。

*軍気:士気が高いこと

また、楽隊に選抜された者たちは、必ずしもプロ級の腕前を持っているというわけではないようで、個人練習が相当肝になるという。その個人練習でさえ、後輩兵士は後回しになるほど雑務が多い。しかしそれでも、軍服務中にも音楽漬けの日々を送れることは、ありがたいと思っているアーティストは少なくないようだ。

我々のように、軍隊制度が身近にない国民にとって、兵役というものがどんな制度であるか、実のところしっかりと理解して、腑に落ちることはないだろう。SNSに時折掲載される笑顔の写真の裏に、心や体を削るような訓練を強いられているであろう彼らが、元気で無事に還ってくることを、願うのみなのである。



東方神起

東方神起(TVXQ)は、チャンミン、ユンホによる韓国出身の男性デュオ。
レコード会社兼芸能事務所のSMエンターテインメントに所属し、韓国や日本を中心に活動している。
2010年までは5人組ボーカルグループで活動していたが、2009年7月メンバーのうちジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人が所属事務所に対する専属契約効力停止の訴訟を起こし、5人での活動が無期限休止され、翌2011年1月のカムバック以降はユンホ、チャンミン2人で活動している。

東方神起 プロフィール&記事(208)

人気ニュース

東方神起 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース