イ・ヒョリ、RAIN(ピ)、ユ・ジェソクが一つになったプロジェクトグループ“SSAK3(サクスリー)”のデビュー曲が、韓国の主な音源チャートで1位を記録。BTSのMVを担当している監督とのシナジーで撮影現場もより一層強力に。そのような中、K-POPアイドルファンの間ではSSAK3に対して劣等感を抱く現象が起きている。

1990年代~2000年代、韓国歌謡界を先導した時代のアイコン、イ・ヒョリとRAIN(ピ)。そしてコメディアン ユ・ジェソクが加わった大御所3人のプロジェクトグループ“SSAK3(サクスリー)”が、韓国の各種音源チャートを席巻している。

90年代を彷彿とさせる懐かしい感性が込められたSSAK3のデビュー曲『またこの海辺で(Beach Again)』は、7月18日に初公開されたのち、メロン(MelOn)などの各種チャートで頂点を占めており、MAMAMOOファサの『Maria』、BLACKPINKの『How You Like That』を押しのけている状況だ。

プロジェクトグループ SSAK3

プロジェクトグループ SSAK3(画像出典:遊ぶなら何する? Instagram)

SSAK3は、MBCバラエティー番組『遊ぶなら何する?』で結成された期間限定のプロジェクトグループで、7月25日にMBC『ショー!音楽中心』で本格的なデビューステージを披露する。その後3人のメンバーは各自ソロ曲の音源も公開する予定で、少なくとも7月末から8月上旬まではSSAK3の音源がチャートを占領することが予想される。

音源チャートの生態系を脅かす強者が現れたためか、K-POPアイドルのファンの間では“最愛の推しの行く手を阻む存在”だと、SSAK3に対して嫉妬や劣等感が混ざった心理が発生しているという。

韓国メディア・スポーツ東亜によると「SSAK3は混成グループとして公式デビューし、音源も公式にリリースしただけに、各種チャートはもちろん音源およびアルバムの成績を基盤とした授賞式で受賞もするかもしれない」とし「このようなことからK-POPファンの間では“推しのグループが栄冠を手にすることができないかも..”という反応が見られる。SSAK3の独走が予想されるだけに、チャートに反映させてはいけないという意見も出ている」と報じられている。

アメリカのビルボード、日本のオリコンのように、音楽産業統計に基盤を置く韓国大衆音楽チャート“GAON CHART(ガオンチャート)”側は、スポーツ東亜に「バラエティー番組を通じて誕生した音源といっても、公式にリリースされた音源であるだけに、チャートに反映せざるを得ない」とし「無料で共有される音源ではない、消費者が直接有料でダウンロードした音源は、当然チャートに合算される」と説明している。

K-POPアイドルファンを脅かす SSAK3

K-POPアイドルファンを脅かす SSAK3(画像出典:遊ぶなら何する? Instagram)

さらに、SSAK3のミュージックビデオは、BTS(防弾少年団)の『血、汗、涙』『DNA』などのMVを担当したことで有名なLumpens(ルームフェンス / チェ・ヨンソク)が共にしており、SSAK3のカリスマとプロフェッショナルな魅力、そしてMV監督の強力なシナジーでより一層話題を集めている状況だ。

BTSをはじめとし、K-POPアイドルのファンを脅かすSSAK3。“推しを守りたい”、“SSAK3がいなければ推しがもっと上位に行けるはずなのに”というファン心も分からなくない。SSAK3への対抗措置(?)なのか、推しのCDを購入したり、1度でも多くストリーミングしてあげるなど、更なる”推し応援”の動きも見受けられる。


SSAK3『またこの海辺で(Beach Again)』MV ティーザー(画像出典:놀면 뭐하니?)

SSAK3『여름 안에서』(Covered By SSAK3) (Feat. ファン・グァンヒ)(動画出典:1theK (원더케이))