2018年に放送された、Mnetのオーディション番組『PRODUCE 48』。番組制作の中核を担うプロデューサーらが、投票結果を操作したことが明らかになり、その後被害を受けた練習生の名簿が公開されたが、そのうちの一人がキム・ガウンだった。最近、女優として活躍している彼女の近況が伝えられた。

IZ*ONEデビュー組から脱落した最大の被害者‥」

世間は、韓国女優イ・カウンをこう呼ぶ。

イ・カウンはMnetのオーディション番組『PRODUCE 48』に出演していた

Mnetのオーディション番組『PRODUCE 48』に出演していたイ・カウン(画像出典:namu.wiki)

2018年、日韓の女性アイドルによる、共同アイドルグループをデビューさせるという目標を掲げ、スタートしたMnetオーディション番組『PRODUCE 48』。

参加者96人がしのぎを削り、争いの末IZ*ONEメンバーになったのは、わずか12名。日韓のアイドルファンの祝福や応援を受けながら、華やかなデビューを飾った。

しかし、2019年11月、番組制作の中核を担うプロデューサーらが、投票結果を操作したことが明らかになり、IZ*ONEは”操作アイドル”という汚名を着せられることに‥。

さらにその翌年の11月には、投票操作で被害を受けた練習生の名簿が公開され、波紋が広まった。

その名簿に名前が載っていた1人が、イ・カウンだ。

当時、多くの視聴者がイ・カウンの脱落に首をかしげている。何より彼女は、最有力候補の1人だったからだ。

イ・カウンは、2012年にガールズグループAFTERSCHOOL(アフタースクール)に合流し、芸能界デビューを果たす。しかし2013年にグループ活動が休止となり、長い空白期の末『PRODUCE 48』に練習生として、オーディションに参加することを決めた。

被害を受けた練習生の名簿の公開と共に、本来ならば彼女は最終順位が5位だったことが判明。これについて、イ・カウンの所属事務所関係者は「イ・カウンと話を交わしましたが、今は申し上げる言葉はありません」とし「イ・カウンは現在、俳優として精力的に活動しており、今後も着実に活動を続けていく予定です」と明かした。

(関連記事) IZ*ONEデビュー組から脱落した最大被害者、イ・カウン側 ‘特にコメントなし’ の理由

淡泊さが感じられたイ・カウン側のコメントだが、これはアイドルへの道を断念し、女優として軌道修正することを既に決めていたからのようだ。

そして最近、tvNの注目ドラマ『ハイクラス』で女優として躍進した彼女の近況が伝えられた。

イ・カウンはドラマ『ハイクラス』に出演中

イ・カウンはドラマ『ハイクラス』に出演中

イ・カウンはドラマ『ハイクラス』に出演中

ドラマ『ハイクラス』に出演中のイ・カウン(画像出典:HighエンターテインメントNaver Post)

映画『パラサイト 半地下の家族』で知られる、女優のチョ・ヨジョンが主演を務める本作品で、イ・カウンは教師役として出演し、安定した演技を見せている。出演分量はそう多くはないが、常に台本を手に持ち、幾度なく演技の練習をしているという。

芸能人として、スポットライトを当ててもらうことがどれだけ難しいことなのか、彼女は誰よりもよく知っている。

デビューから9年‥才能があり、努力をしても、いつも”結果”は彼女の味方になってくれなかった。

このチャンスは2度とないかもしれない、後ろを振り向く暇なんてない‥。『PRODUCE 48』の試練をバネに、女優として躍動するイ・カウンの活躍に、大きな期待が集まっている。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース