日本では、スマートフォンメッセンジャーツールとして有名なカカオトーク。同サービスを提供しているカカオが築いている”韓流王国”に、錚々たるスターたちが集まっている。韓国のMarvel(マーベル)を夢見るカカオのロジックと野望に迫る。 (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

韓国企業であるカカオ傘下のエンターテインメント企業『カカオM』と、ウェブトゥーン・小説ドラマなどを提供する企業『カカオページ』が3月1日に合併し、『カカオエンターテインメント』になることが、各社の発表により明らかになった。

韓国屈指の総合エンターテインメント企業・カカオM

カカオMと言えば、俳優、歌手、プロデューサー、ドラマ作家のマネジメントや、ドラマ・映画制作までを担当する、今や韓国屈指の総合エンターテインメント企業。

カカオMの傘下STARSHIPエンターテインメントに所属しているウォニョンとユジン

IZ*ONEのメンバーウォニョンとユジンはカカオMの傘下STARSHIPエンターテインメントに所属している (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

カカオMの傘下マネジメントSOOPに所属するコン・ユ

コン・ユはカカオMの傘下マネジメントSOOP所属(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

カカオM名義で活動をしているわけではないため、韓流ファンの間でも知名度は高くないものの、日本でも有名な俳優イ・ビョンホン、ヒョンビン、コン・ユ、人気グループIZ*ONE(アイズワン)のメンバーチャン・ウォニョン、アン・ユジンなど、ジャンルを問わず多くの有名人が、カカオM傘下会社の所属メンバーとして在籍している。もはや、韓国一の総合エンターテインメント企業といっても過言ではない。

カカオ王国、最後のピース”ウェブトゥーン”

そんなカカオMの悩みは、”ドラマ制作の品質確保”であった。ドラマ脚本を手掛けるスター作家を多数擁するものの、そのドラマが常に成功するとは限らない。そこで目を付けたのが、自社の兄弟会社・カカオページであった。

カカオページは、ウェブトゥーンや小説を提供する会社である。同社は、自社のウェブトゥーンの人気はもちろん高いが、それ以上に注目すべき特徴は、該当ウェブトゥーンを原作としたドラマが、大きな成功を納めたという事である。日本でも有名な『梨泰院クラス』、『キム秘書はいったい、なぜ?』や、最近の話題作『悪霊狩猟団: カウンターズ』まで、全てが同社の作品を原作としたドラマなのだ。

カカオMとしては、喉から手が出るほど欲しいコンテンツだったい違いない。自社の人気ウェブトゥーンを自社のスター作家が脚本化し、自社の制作会社がドラマを作る。そのドラマには、自社の有名俳優と新人俳優をキャスティングし、自社アーティストの音源をBGM(OST)として仕上げる。そして、それを自社のフラットフォーム・カカオTVで送出‥。

韓国では類を見ない垂直構造、しかも成功が約束されたこの構造は、まさに”カカオ王国”と呼ぶべきものであろう。

革新か回帰か‥Marvelと、かつての韓国テレビ局の先例

このカカオグループの動きは、韓国では過去に見ないケースのため、”革新”と評する声が多い。実際、カカオと同じタイプの革新を先に行ったのが、”Marvel(マーベル)”である。自社の漫画を原作とした映画を制作し、ディズニーの力まで借りることができた同社は、”Marvelワールド”という新世界を作り出すことに成功した。カカオの革新も、そこに目標があるだろう。

しかし、カカオの動きを、革新でなく”過去への回帰”として見る事も、不可能ではない。なぜならば、同社の動きは制作から専属俳優、音楽集団までを全て自社でまかなうという、かつての日本・韓国のテレビ局のそれに酷似しているからである。つまり、かつての”巨大放送局”が、プラットフォームだけを変えて、原作となり得るものを独占する状態で復活するだけ、という捉え方もできるわけだ。

カカオの挑戦は、Youtube(ユーチューブ)到来以来の”乱立”を平定し、”カカオ王国”という新世界を開く革新となるか。それとも、かつての”巨大放送局”の復活に留まるものとなるか。今後の成り行きに注目していきたい。



コン・ユ

マネジメントSOOP所属の俳優コン・ユ(ハングル 공유)。1979年7月10日生まれ。

“コン・ユ”という芸名は両親の苗字から付けられたもので、本名は、コン・ジチョル。

2000年、Mnet VJ 7期として芸能界にデビューしたコン・ユは、2001年KBSドラマ『学校4』を通じて演技者としてデビュー。

2007年、日本でも人気を博したドラマ『コーヒープリンス1号店』が大ヒットし、この年MBC演技大賞で優秀賞を受賞。当ドラマは、コン・ユの出世作となった。

コン・ユ プロフィール&記事(124)




人気ニュース

コン・ユ 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース