2019年11月24日午後、人気ガールズグループKARAの元メンバー ク・ハラさんが自ら命を絶ったという衝撃のニュースが走った。日本でソロアーティストとして再始動した直後の出来事だった‥

1年前の今日、9月25日。人気アイドルグループKARAの元メンバー、ク・ハラさんが自身のSNSに「Midnight Queen」と記載して写真を投稿。日本でソロアーティストとして再始動した日だ。

ソロ歌手 クハラさん

ソロ歌手 ク・ハラさん(画像出典:ク・ハラさん Instagram)

ク・ハラさんは、KARAとしての活動を2016年に休止したのち、元交際相手からのリベンジポルノによる脅迫事件で訴訟沙汰となり、2019年5月に自宅で意識不明で倒れていたところをマネージャーに発見され、自殺未遂と報じられて波紋を巻き起こした。

このような困難を乗り越え、2019年6月に日本の有名芸能事務所・プロダクション尾木と専属契約を結び、ソロ歌手として拠点を日本に移して再始動。初の日本シングル『Midnight Queen』(9月25日配信 / 11月13日発売)が公開され、ファンからはク・ハラさんの日本での活動を後押しする声援が多く寄せられた。

(関連記事)ク・ハラ 日本で新曲「Midnight Queen」リリース..韓国のファンたちも応援

同曲は、KARAが2010年8月に日本でリリースしたシングル『ミスター』の制作陣が再集結し、ク・ハラさんの復活を全力でサポート。KARAの楽曲を思い起こさせるようなキャッチーさと、ク・ハラさんの透き通るようなボーカルがよくマッチしたダンスミュージックに仕上がった。

ク・ハラさんは、当時、日本のメディアを通じて「初めて日本でソロ歌手としてアルバムをリリースすることになりました。皆さんに良い音楽と素敵な姿を披露するために長い間準備してきました。早く結果をお見せしたいです」と語り、タイトル通り”Queen”の風格が漂うク・ハラさんの妖艶さに「安室奈美恵の再臨」とも言われ、人々は彼女の魅力に惹き込まれた。

(関連記事)安室奈美恵の再臨? ク・ハラのグラビアに熱狂する韓国ファン

安室奈美恵の再臨と囁かれたク・ハラさん(画像出典:ク・ハラさん Instagram)

2019年11月14日~19日には、東京・大阪・福岡・名古屋など全国4大都市を回るコンサートを行ったク・ハラさん。ツアー終了後に「会わなければならない人がいる」「韓国に行くと憂鬱」と吐露しながら韓国に戻った直後、突然の悲報がもたらされたのだった。

(関連記事)故ク・ハラ「韓国に行くと憂鬱..」日本の芸能関係者たちに吐露

日本で本格的な活動再開を知らせたク・ハラさんだったが、『Midnight Queen』リリース後から11日経った2019年11月24日に他界。このシングルアルバムが彼女の遺作となった。

日本でのツアーコンサート後、自身のインスタグラムに「皆さん、いい思い出になりました。ありがとうございます。ただいま!」と綴った文章と共に掲載されていたク・ハラさんの輝く笑顔は、今でも多くのファンの心に残っている。