1月14日、BTS(防弾少年団)のメンバーVが、自身のインスタグラムに”誰か”とディナーを楽しむ写真を掲載した。この投稿の”誰か”をネットユーザーは、いとも簡単にJ-HOPEだと特定。写真は2020年2月、彼の誕生日に撮影されたもので、今回Vの投稿により再び話題となっている。

BTS(防弾少年団)のメンバー、VのSNS投稿が話題になっている。

去る1月14日にVは、自身のインスタグラムに”誰か”とディナーを楽しむ写真を掲載。

1月14日にVが投稿した写真

1月14日にVが投稿した写真。(画像出典:V公式Instagram)

異国情緒漂う雰囲気の中で写っている写真には、白い腕時計を着用した、男性なのか、女性なのか判別しづらい人の気配が‥。

Vと楽しいひと時を過ごす”誰か”への関心が高まっていた矢先、ネットパトロールを得意(?)とする韓国ネットユーザーは、いとも簡単にその人物を特定する。

その人物とは、BTSメンバーのJ-HOPEだった。この写真は2020年2月、彼の誕生日に撮影されたものと見られる。

BTS J-HOPE

BTS J-HOPE(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

当時BTSの公式SNSでも、J-HOPEの様子が紹介されていたのだが、今回のVの投稿により再び話題となったようだ。

Vにより召喚されたJ-HOPEの様子は、”ほろ酔い”そのもの。夜に撮影されたにもかかわらず、紅潮した顔がはっきりわかるほどである。

お酒に弱い体質として知られているJ-HOPE

お酒に弱い体質として知られているJ-HOPE(画像出典:BTS公式Twitter)

この写真を見た韓国ファンは「かわいい!」「J-HOPE、アルコールに支配されてるね(笑)」など、微笑ましい反応を見せた。中には、彼の赤くなった顔を見て「J-HOPEがJ-HONG(紅)になった」と、ユーモア溢れるコメントも。

“紅”は、韓国でも漢字語として使われ、日本での読み方は”こう”だが、韓国では”ほん”と読む。その意味は日本と同様、”鮮明な赤色”だ。

お酒に弱い体質として知られているJ-HOPEは、飲酒後は急激にテンションが下がる事でも有名だという。

2018年の自主コンテンツで、メンバー同士の”会食の場”を設けた7人。面白いダンスを披露するなど、開始早々高いテンションで会食を楽しんでいたJ-HOPEだったが、SUGAに勧誘され飲んだビールのせいで、急激にテンションがダウン。”J-HONG”になったJ-HOPEは口数が減り、厳粛な表情のままであった‥。

これ以降、すっかり”お酒が飲めないアイドル”の代表格として紹介されるようになったJ-HOPEだが、自身の誕生日を祝ってくれるかわいい”弟(V)”の振舞いに感動したのか、つい”一杯”やってしまったようだ。

2人が過ごした”楽しい夜”を大切にしまっておいたVは、1カ月後に迫っているJ-HOPEの誕生日を、誰よりも早く祝ってあげたようだ。この写真を改めて目にしたファンは、Vが歌った『梨泰院クラス(2020/tvN)』のOST『Sweet Night(甘い夜)』がBGMで流れているようだと、あの時の”2人の夜”を羨んでいる。

*Sweet Night:甘い夜 韓国語で”ダンバム(단밤)”。『梨泰院クラス』主人公のパク・ソジュンが運営する屋台居酒屋の名前



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2063)

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs