先日韓国オンラインコミュニティーで、ある有名アイドルが写真を上げたことに対し、ファンから「”ジェニー病”だ」という議論が巻き起こった。この”ジェニー病”とはいったいどんな病気なんだろうか?

先日韓国のオンラインコミュニティーで、ある有名アイドルが写真を上げたことに対し、ファンから「”ジェニー病”だ」という揶揄が巻き起こった。

関連スレッドは賛否両論を呼び、結局そのスレッドは削除されてしまったが、この”ジェニー病”とはいったいどんな病気なのだろうか?

韓国芸能界で生まれた”ジェニー病”

BLACKPINKのメンバージェニー

ジェニーのような格好や雰囲気を出すと”ジェニー病”?(画像出典:ジェニー公式Instagram)

“ジェニー病”のジェニーとは、4人組ガールズグループBLACKPINK(ブラックピンク)のメンバー、ジェニーのことを表している。

圧倒的な歌唱力で音楽的才能が注目を集めているが、やはり世界中のファンを虜にしている理由は、そのかわいらしいドリーフェイスや独特のファッションセンスなど、個性的な魅力を放つ存在だからだろう。

ジェニーには一般のファンも多いが、同じ芸能界からも”アイドルが憧れるアイドル”として、その影響力は大きい。

そのため、誰かがジェニーのような格好や雰囲気を出すと、「ジェニーの真似をする」という意味で”ジェニー病”と言われるまでになった。

たまたまジェニーがアップした写真のコンセプトとかぶっただけで”ジェニー病”、ジェニーが90年代のものを身に付け、それと同じようなものを身に付けているだけで”ジェニー病”、同じような髪型をするだけで”ジェニー病”と言われ、叩かれてしまうのだ。

男性芸能人は”GD病”

BIGBANGのメンバー、G-DRAGON

“ジェニー病”の男性版は”GD病”?(画像出典:G-DRAGON公式Instagram)

また韓国芸能界には、”ジェニー病”のほかにも”GD病”というものが存在するらしい。

GDとは言わずとしれたボーイズグループBIGBANG(ビッグバン)のメンバー、G-DRAGON(ジードラゴン、以下 GD)のことだ。

男性芸能人の場合は、挑発的な表情を見せたり、高級ブランドを身に付ける姿などが目立ったりすると、”GD病”と言われるという。

GDとコラボしている”NIKE(ナイキ)”のスニーカーを自慢する写真をアップすると”GD病”、美術品を見ている写真をアップすると”GD病”など、GDのことがイメージできるものがあれば、何でも”GD病”と一括りにされてしまうようだ。

“ジェニー&GD”と”それ以外”の芸能人の格差

今年2月に熱愛説が浮上したジェニーとGD

CHANELのアンバサダーを務める2人。今年2月には、熱愛説が浮上した(画像出典:各Instagram)

ジェニーとGDは同じYGエンターテインメントに所属し、事務所の先輩・後輩の関係だ。また今年2月には熱愛説が浮上し、世間を騒がせたことも。

(関連記事)GDとジェニーが1年前から熱愛中? 韓国ディスパッチ、24日午前 単独報道

2人とも高級ブランド『CHANEL(シャネル)』のアンバサダーを任されており、よくCHANELの関連グッズを持った写真をアップしている。

そのため、ほかの韓国芸能人はCHANELグッズを持つだけでも、”ジェニー病”、”GD病”と言われることがあるのだとか。

2人に関係なくCHANELが個人的に好きな芸能人はいると思うが、これは結局、ジェニーとGD、そしてジェニーとGD以外の芸能人の格差が生じ、2人は芸能人の中でも”格上”ということを表している。

“ジェニー病”、”GD病”の誕生は、ジェニーとGDのその凄まじい影響力を証明しているということだ。



BIGBANG

BIGBANG(ビッグバン / ハングル 빅뱅)は韓国出身の4人組男性アーティストグループ。
メンバーはG-dragon、TOP、SOL、D-LITE(元メンバーV.Iは2019年3月に芸能界引退)で、YGエンターテインメントに所属している。2006年に韓国でデビュー。メンバーは、MTVコリアの「リアルドキュメンタリーBIGBANG」を通して選ばれた。
2006年デビュー後から若い世代のファッション、トレンドに大きな影響を与えたグループであり、これ以降にデビューするアイドルグループのコンセプトなどにも影響を与えたグループだ。

BIGBANG プロフィール&記事(256)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BIGBANG 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース