「PRODUCE(プロデュース / プデュ)」シリーズの投票操作で、IZ*ONE(アイズワン)とX1(エックスワン)のメンバーが視聴者からの投票前にすでに決定されていたという。またWanna One(ワナワン)のあるメンバーも入れ替えたことが明らかとなり、合格者と脱落者の運命を変えたことに波紋が広がっている。

Mnet「PRODUCE 48」のプロジェクトグループIZ*ONE(アイズワン)、「PRODUCE X 101」のプロジェクトグループX1(エックスワン)のメンバーが、視聴者投票前に決定されていたと発表された。

投票操作の余波によって活動を休止しているX1とIZ*ONE

投票操作の余波によって活動を休止しているX1とIZ*ONE(写真提供:©スポーツ韓国)

12月5日、韓国日報はIZ*ONEおよびX1のメンバー全員と、Wanna Oneのメンバー1人が得票数の操作で選抜された事実が検察と警察の調査で明らかになったと報じた。

ソウル中央地検から提出されたMnet「PRODUCE」シリーズの製作スタッフおよび芸能企画会社の代表などに対する控訴状によると、キム・ヨンボムCP(総括プロデューサー)と、アン・ジュンヨンPD(プロデューサー)などは、今年7月17日CJ ENMの会議室でX1(エックスワン)のメンバーでデビューさせたい練習生11人とその順位を任意に定めた後、選抜させたことが分かった。


(PR)10名様にプレゼント!BTSとSTONEHENgEのコラボレーションジュエリー「MOMENT OF LIGHT」日本発売記念スペシャルイベント!

これによると、5月に視聴者オンライン投票と現場の投票を操作して「PRODUCE X 101」の1次選抜対象者であった練習生の代わりに、他の練習生を入れ替え、20人を選抜する3次選抜でも同じ方式で2人交換した事実も調査で明らかとなった。

IZ*ONE(アイズワン)においては、視聴者投票の前にあらかじめメンバーを定め、順位を任意に決めていたことが分かり、自分たちが望まない練習生がデビュー圏内で含まれていたため、該当の練習生を除外させたという。

また、2017年6月「PRODUCE 101 Season 2」の最終回でもデビュー圏内にいたあるメンバーが脱落し、デビュー圏外だったメンバーがWanna One(ワナワン)のメンバーになるなど、得票数の操作で練習生の順位をひっくり返したという。

検察は調査結果で、キム・ヨンボムCPとアン・ジュンヨンPDは、「シーズン1・2を通じてデビューしたI.O.I(アイオーアイ)やWanna Oneが大きな成功を収めると、シーズン3・4で選抜されたグループの人気や売り上げなどが、I.O.IとWanna Oneまでに達しないのではないかとプレッシャーを感じ、どうにか成功させなければならないという圧迫感によって犯罪を犯した」と明らかにした。

投票操作を認めたアンPD

投票操作を認めたアンPD(写真提供:©スポーツ韓国)

この報道を耳にした韓国の一部のネットユーザーは「会議室でアンPDらによって遊ばれた練習生たちと、デビュー後もアンPDらのせいで苦しむデビュー組のメンバーがとても可哀想です」とし「アンPDらの罪を厳重に処罰し、被害を受けた練習生とデビュー組のメンバーたちが挫折しないよう、責任感を持って補償してください。練習生やメンバーたちには罪はありません」というような意見を寄せている。

一方、ソウル中央地方裁判所・刑事合意21部(キム・ミリ部長判事)は、12月20日午前10時30分に業務妨害と詐欺容疑で拘束起訴されたアン・ジュンヨンPDとキム・ヨンボムCP、補助PDのイ氏、芸能企画会社の役職員5人を相手に初公判を開く予定だ。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。