5月21日午前、クラウド・ファンディング専用のプラットフォーム、Wadizには「”平行宇宙プロジェクト”の中間報告や案内」という告知が掲載された。IZ*ONE再結成を向け所属事務所との協議に入ることを明らかにした。

IZ*ONE(アイズワン)のファンダム、WIZ*ONE(ウィズワン)が、IZ*ONEのリブート(再結成)のため、クラウド・ファンディング(平行宇宙プロジェクト)を進めているなか、プロジェクトの進捗状況が公開された。

IZ*ONE

4月末で活動終了となったIZ*ONE(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

21日午前、クラウド・ファンディング専用のプラットフォーム、Wadiz(https://www.wadiz.kr/)には「”平行宇宙プロジェクト”の中間報告や案内」という告知が掲載された。

平行宇宙プロジェクト運営委員会側は「4月26日、各所属事務所に提案書を発送した」とし「各所属事務所ごとに、異なる対応をとらなければならず、調整しながら進めている」と説明している。

また「来週から各事務所との協議日程が決まっている状況」と明らかにしながら「当事者であるアーティストと各事務所の他にも(利害関係が)複雑に絡み合っているため、多角的に慎重にコンタクトを試みている」と伝えた。

さらに「プロジェクトがまだ進行中なので、現時点で具体的な内容や方法について詳しく公開し難い点がある」と付け加えた。

これに先立って先月21日より、Wadizには「IZ*ONE リブートのための小さな一歩、平行宇宙プロジェクト」ファンディングが開設されており。4月末に活動終了したIZ*ONEメンバー全員による活動再開への働きかけを目的としている。

同ファンディングは、開設からわずか30分で目標金額である10億ウォン(日本円で約1億円)を達成した。 また、今月7日午後10時を時点で、約32億ウォンの募金が集まっている。

IZ*ONEのメンバー12人は、先月29日CJ ENM、スウィングエンターテインメントとのマネージメント契約が終了されたが、今後の活動については具体的なアナウンスはなされていない。

同グループの日本人メンバーとして、高い人気を誇った宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美は、日本に戻りしばらく休憩を取ると見られる。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。




IZ*ONE(アイズワン)

IZ*ONE(アイズワン / ハングル 아이즈원)は、韓国と日本合同のグローバルガールズグループである。
2018年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送された日韓合同オーディション番組「PRODUCE 48」を通して、韓国の芸能事務所に所属する練習生57人、日本のAKB48グループに所属するアイドル39人、総勢96人の練習生から、韓国の視聴者投票で選ばれた12人のメンバーによって結成された。

IZ*ONE(アイズワン) プロフィール&記事(334)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

IZ*ONE(アイズワン) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース