日韓12人組ガールズグループ・IZ*ONE(アイズワン)は、予定通り4月29日を持って惜しまれつつも解散した。自身のラジオで解散を報告した日本人メンバーの宮脇咲良に対し、韓国ファンの温かい応援メッセージが集まっている。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

IZ*ONE(アイズワン)のメンバーとして活動した宮脇咲良は28日、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組『今夜、咲良の木の下で』で、当初の予定通り2年半のグループ活動が終了したことを報告し、ファンに感謝の言葉を伝えた。

2年半のグループ活動が終了し、4月29日に解散したIZ*ONE

IZ*ONEは2年半のグループ活動が終了し、4月29日に解散した(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

IZ*ONEは、韓国の放送局Mnetのオーディション番組『PRODUCE』シリーズの『PRODUCE 48』から生まれたプロジェクトグループとして、最も長い期間活動し、トップアイドルとして人気を得たグループだ。

『PRODUCE 48』は、韓国の大人気オーディション番組『PRODUCE101』と日本のAKB48グループがコラボして制作されたことでも話題を呼んだ。

番組の序盤は、日本人と韓国人の実力の差が大きく、韓国という地で言葉の壁もありながら、頑張る日本人練習生の姿に多くの反響が寄せられ日本でも話題に。

日本人メンバーの中でも特に宮脇咲良はすでに日本で人気を集めていたため、このオーディション番組への参加は当時大きな衝撃を与えることになった。

ラジオでIZ*ONEの解散を報告するとともに心境を語った宮脇咲良

宮脇咲良がラジオでIZ*ONEの解散を報告するとともに心境を語った(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

宮脇咲良は今回のラジオで、「I*ZONEは、活動は終わってしまうけれど、IZ*ONEであったことは消えない。皆さんがWIZ*ONE(ウィズワン:ファンの名称)だったことも消えない。その事実は永遠に残ると思う。今は寂しいかもしれないが、リアルタイムでIZ*ONEを応援したという事実を人生の自慢としてほしい」などファンの心に寄り添うメッセージを送り、ファンからはよろこびの声があがった。

ラジオの内容は韓国でも話題になり、韓国のオンラインコミュニティー”theqoo”では

「本当に努力したところは認めないと。本当に成長したし、本人が一生懸命がんばった分、ファンも応援した気がする。これからも期待してるよ!」
「話が本当に上手だ」
「ファンとまでは言えないけど、ステージを見るたびに本当に驚いた。実力がここまで伸びるために相当努力したと思う」
「話が上手くて、努力して成長する姿を楽しみながら見ていた」
「かっこいい。考えも深そう」
「本当にお疲れさま! これからもクラ(宮脇咲良のあだ名)は何でもうまくやるよ! ファイト! 応援してる」
「プロになったね、いやプロです!」
「『IZ*ONEの過去が輝くためには、今から私たちが頑張らないといけない』という言葉がすごくいいね」
「また韓国で会えたらいいけど、どこにいても応援してるよ!」
「すぐ私たちの元に戻ってきてね!!」

など、日本ですでに人気を獲得していたにも関わらず、国境を越え、寮生活をしながら慣れない文化や人、システムにくじけることなく頑張った宮脇咲良に対し、称賛の声が溢れた。

こういった応援のメッセージは、I*ZONEのファンだけでなく、それ以外の韓国人からも多く集まっている。

一部報道では、BTS(防弾少年団)が所属するBigHitエンターテインメント(現HYBE)と専属契約を結ぶ可能性が高いと報じられていたが、今後の活動について本人は、「『この先どうするの?』と気になっている皆さんがいらっしゃると思いますが、落ち着いて、落ち着いてという感じです」と明言を避けている状況だ。



IZ*ONE(アイズワン)

IZ*ONE(アイズワン / ハングル 아이즈원)は、韓国と日本合同のグローバルガールズグループである。
2018年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送された日韓合同オーディション番組「PRODUCE 48」を通して、韓国の芸能事務所に所属する練習生57人、日本のAKB48グループに所属するアイドル39人、総勢96人の練習生から、韓国の視聴者投票で選ばれた12人のメンバーによって結成された。

IZ*ONE(アイズワン) プロフィール&記事(286)

人気ニュース

IZ*ONE(アイズワン) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース