歌手で女優のIU(アイユー/イ・ジウン)が、映画『ベイビー・ブローカー』で、『第75回カンヌ国際映画祭』に出席した。その際のIUの“ある行動”がネット上では好評を得たが、彼女自身は後悔しているという。本記事では“ある行動”と、その裏にあった彼女の思いに触れる。

歌手としてはもちろん女優としても活躍するIU(アイユー/イ・ジウン)。

最近、是枝裕和監督の映画『ベイビー・ブローカー』に出演し、5月28日(現地時間)『第75回カンヌ国際映画祭(以下、映画祭)』に出席した。

IUは、映画『ベイビー・ブローカー』に出演し、『第75回カンヌ国際映画祭』に出席した

映画『ベイビー・ブローカー』に出演し、『第75回カンヌ国際映画祭』に出席したIU(画像出典:IU Instagram)

日韓ともに各メディアが取り上げ話題となっているが、中でも試写会終了直後と思われる映像で見せたIUの様子が、韓国のネット上で話題を呼んでいる。

続きを読む

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs