HYBEのパン・シヒョクの描く青写真が、いよいよ現実化へと動き出した。1月15日、HYBE所属アーティストのBTS(防弾少年団)、TXT(トゥモローバイトゥギャザー)、ENHYPEN(エンハイフン)をモチーフにした漫画と小説が公開されたのだ。”総合ライフスタイルプラットフォーム”を宣言し、理想を形にしているパン氏だが、今後”需要と供給”のバランスを保つことができるのだろうか。

1月15日、BTS(防弾少年団)、TXT(トゥモローバイトゥギャザー)、ENHYPEN(エンハイフン)をモチーフにした漫画と小説が公開された。

左から、TXT、BTS、ENHYPEN

左から、TXT、BTS、ENHYPENの漫画イメージ。(画像出典:NEVER WEBTOON)

BTS『7FATES: CHAKHO』、TXT『星を追う少年たち』、ENHYPEN『黒の月:月の祭壇』の漫画と小説は、日本ではLINEマンガのアプリで無料で読むことができる。

元々このローンチに反発を覚えていたファンは、オンラインコミュニティーで、「BTSはアーティストであって、漫画やゲームのキャラクターじゃない!」「お金になるところに重点を置くのは理解できるけど、国内ファンをないがしろにするのは‥」「企画が本当におかしいと思う」「本業のサポートをして、お願いだからㅜㅜ」「果てしないグッズ屋にうんざり」「お金に目がくらんで株価上昇に必死になりすぎwww」「この前、国内の音楽放送したくないって堂々とインタビューで‥。国内活動はもうないだろうと思った」などと、やはり好意的ではない意見が散見された。

パン・シヒョク議長は、創業16年目でBig HitエンターテインメントからHYBEへと社名変更を敢行し、音楽産業からの脱皮、コンテンツやサービス、流通産業への進出を見据えた”総合ライフスタイルプラットフォーム”を志向すると宣言。

その第一歩が踏み出された形だ。

しかしここ最近のHYBEは、グループのカムバック活動を知らせるよりも*IP事業、特にBTSに関するグッズリリースが目立った印象を持つ。

*IP:知的財産権の総称。 著作権、特許権、意匠権、商標権など

(関連記事)「アルバム以外は買わない!」HYBEに対してファンが怒りの不買運動開始

2022年に入り、BTSメンバーのジンが自身のキャラクターがプリントされたパジャマをプロデュース。しかし、その販売価格が11万9000ウォン(約1万1500円)と発表され、ファンの不満の声が続出。ジン本人も、その高さに「驚いた」とコメントした。

さらに1月10日、韓国のマスク製作企業であるDOBU MASKが、”BTS ARTWORK MASK BUTTER”を製作し予約販売することを発表。その価格が7枚で35000ウォン(約3200円)だと明かし、1枚当たり5000ウォン(約500円)という高額な使い捨てマスクに韓国ネットでは「防弾機能でも付いてるの?」と揶揄される羽目に‥。

ファンにとって、あくまでもグッズはアーティストありきのもの。彼らの活動なしに、IP事業だけの活性化にいい顔をしないのも無理はない。

しかしそんなBTSメンバーには、“兵役”の2文字がちらつき始めている。現在の兵役関連法によれば、1992~1997年生まれのBTSメンバーは、全員が入隊対象者なのだ。

TXTやENHYPENの躍進は目覚ましいものがあるが、前例のない規模でスター街道を駆け上がった先輩BTSには、まだまだ手が届かない。

HYBEの命運を今もBTSに頼らざるを得ないのが現状である中、パン氏はこのタイミングで、目指すべき(目指したい?)ウォルト・ディズニーになろうとしてるのかもしれない。

(関連記事)BTSはミッキーマウス、HYBEはディズニー、BigHitが社名を変えた理由

そこには“境界なき拡張”を掲げ、HYBEというテーマパーク作りに賛同してくれる、所属アーティストの音楽をこよなく愛するファンの存在をおろそかにしてはいけないのだが‥。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2063)

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs