『VOGUE KOREA』が、BTS(防弾少年団)のVのグラビアとインタビューを公開。グラビアでは、これまでとは違った新たな魅力を披露している。またインタビューでは、彼の今の心境が素直に語られており、ファンからは大きな反響が上がっている。

ライフスタイルメディア『VOGUE KOREA(ヴォーグ・コリア)』が、BTS(防弾少年団)のVのグラビア写真を公開した。

グラビア写真が話題のBTS V

グラビア写真が話題のBTS V (画像出典:VOGUE Korea)

グラビア撮影とともに行われたインタビューでVは、最近の心境や本音について語っている。

去る8月末、Vはソロ活動の一環として米ニューヨークに渡り、グラビア撮影を行った。

9月19日、同誌はニューヨークで撮影した写真とともに、インタビューを公開。

Vは「予想外の状況には、落ち着いて対応するタイプですか?」という質問に対し、「余裕そうに見えて、正直余裕ではないです。そんな“ふり”をしているだけ。代わりに、正しく考えられるようになりました」と答えている。

また「たとえ僕の考えが正解ではなくても、それが最善であると、自信を持って行動します。プレッシャーも無くはないけど、後悔はしません」と言い「僕を愛してくれる人たちのためなら、きれいな良い行動をするべきだと思います。傷付いてつらい時も、ARMY(ファン)、メンバー、家族、友人のおかげで、僕は元気だし幸せです」と明かした。

そして男女問わず、アーティストや俳優など、幅広い年齢層との交流があるVに、このような質問も。

「他の分野のアーティストと親しいですが、(Vのような)最高のスターはいつも人に囲まれているので、他人と簡単には親しく近付けないような気がします。人からエネルギーを得る方ですか。“縁”とは、あなたにとって何を意味しますか?」

これには「人との縁を大切にする方です。もともと人が好きで、アーティストや監督、作家さん、記者さんもみんな大切」と返答。

そして、「以前僕は、友人としてではなく、“V”と人脈を作ろうとした人たちに会って傷ついて、人間不信になりそうでしたが、それでもやっぱり人が好きです。今、僕のそばにいる人たちは、今の僕を作ってくれた大切な人たち」と、正直な胸の内を明かしている。

BTSメンバーの個人活動について聞かれると、「お互いを、本当にたくさん応援しています。最近、SUGAさんの家で、メンバーそれぞれが作った曲を聴いたんですが、誰かが踊ったり、“いいね、いいね”と言ったり、大騒ぎでした」と伝え、最近もメンバーで集合したという、ファンにはうれしい報告をしてくれた。

そしてVは、今のメンバーの様子について「メンバーが新しい自分の色の音楽を準備したからか、とても情熱的だし、積極的に熱心に曲を作っていて、お互いに愛し合っているのでいい感じです」と素直な感想を伝えた。

グラビアでは珍しい短パン姿を披露したV

グラビアでは珍しい短パン姿を披露したV (画像出典:VOGUE Korea)

これに先立ち、Vはインスタグラムに、『VOGUE KOREA』のカバー写真6種類を公開。

するとメンバーが、すぐに反応。J-HOPEは燃える炎とVサインの絵文字、ジンは拍手の絵文字で称賛した。

また、インスタグラムストーリーズに写真が上がると、ファンの視線がある一点に集中。

それは短パンからのぞく太もものあたりに、“7”の友情タトゥーらしき文字が見えるとの噂が広まり、大きな反響が上がっている。

Vの新たな魅力がつまったグラビアと、彼が赤裸々に語ったインタビューには、多くの関心が寄せられている。

BTSジョングク、東方神起チャンミン、SEVENTEENジョンハン、EXOカイ
【9/20開始】現在投票中!最上級の色気!退廃美でファンを放心状態にさせるK-POP男性アイドルは?

(構成:酒井知亜)






BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2764)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs