今やグローバルアーティストとなったBTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)。その中でもリーダーのRMの親戚に関心が寄せられている。RMの親戚は、なんと20歳の格闘技チャンピオン。どことなくRMに似ていて可愛らしい彼女。RMとのほっこり温かなエピソードを伝えた。

K-POPボーイズグループBTS(防弾少年団)のリーダーRM(アールエム / 本名 キム・ナムジュン)の親戚が格闘技選手だと知らされ、ネットユーザーたちの関心を集めている。

11月8日、韓国の芸能媒体スポーツ東亜は、20歳の格闘技チャンピオン ソ・ジヨン選手(ハングル 서지연)とのインタビューを公開した。

BTS(防弾少年団)RMの親戚、格闘技チャンピオンのソ・ジヨン選手

BTS(防弾少年団)RMの親戚、格闘技チャンピオンのソ・ジヨン選手(画像出典:ソ・ジヨン選手 Instagram)

彼女は、インタビュー中に「親戚のお兄さんの公演に招待されて、お父さんと一緒にコンサートに行く」とコメント。

インタビュアーが「親戚のお兄さんはミュージシャンなのですか?」と質問すると、ソ・ジヨン選手は「親戚のお兄さんはBTSのリーダーRMです。お父さん側の親戚で、旧正月(ソルラル)や秋夕(チュソク)などの名節の時はいつも会いました。小さなころから見てきた家族ですが、あまりにも大スターになって近寄ることが出来ませんでした」と伝えた。

さらに「スターになっても変わらず“頑張ってね”と応援してくれました。訳もなく言及してしまうと、BTSのファンのみなさんの気分を悪くさせてしまうのではないかと思って、今までお兄さんのお話はしてきませんでした。韓国を代表する世界的なスターが親戚にいることが誇らしいです。私も頑張ってRMお兄さんの親戚として名声に迷惑をかけないように素敵なファイターになります(笑)」と付け加えた。

ソ・ジヨン選手は、自身のインスタグラムにも「みなさんBTSをご存知ですか?以前貰ったものですが、今になってみると凄い物になりました」という文章と共に写真を掲載。

公開された写真には「To.ソ・ジヨン。ジヨン、元気に過ごしてる?高校に行ってもいつも健康で幸せでいられますように。頑張ろう!RM」と書かれたメッセージと共に「花様年華 PT.2」のフォトブック」が映し出されている。

RMからのメッセージが書かれている「花様年華 PT.2」

RMからのメッセージが書かれている「花様年華 PT.2」(画像出典:ソ・ジヨン選手 Instagram)

また、スポーツ東亜とのインタビュー後、ソ・ジヨン選手に対して多くの関心が寄せられたことに対して「スポーツ東亜、良い記事をありがとうございます。おかげさまで初めてこんなに多くの関心が寄せられました。これからも沢山見守っていてください」とコメントを残した。

格闘技を始めたきっかけは、ダイエットのためだったと語ったソ・ジヨン選手は、10代の頃、フィリピンのメジャー総合格闘技(MMA)団体URCCのフライ級チャンピオンとして堂々と名を連ね、チャンピオンベルトを巻いたことがあるという。

RMとは実の妹ではないものの、顔の表情を見ると、どことなくRMの雰囲気が漂っているようにも感じるソ・ジヨン選手。

そんな彼女に対して、BTSのメンバー全員のサインが書かれたアルバムをプレゼントしたり、公演に呼んであげたり、彼女を可愛がるRMの気立ての良さと温かな様子が伝わってくる。

今後の歩みがより一層期待されるソ・ジヨン選手のインタビュー映像は、格闘技専門ユーチューブチャンネルを通じて確認することが出来る。


BTS(防弾少年団)RMの親戚はチャンピオン? 20歳の格闘家ソ・ジヨン選手(動画出典:이종TV)