現在「PRODUCE X 101」の投票操作の論議によってイシューの中心にいるプロジェクトグループ X1(エックスワン)。そのような中、韓国のある媒体は「X1の清算が一度も行われておらず、精算金が0ウォンだ」と報道。このようなマスコミの過剰な報道にファンたちは怒りと心配の声を寄せている。

Mnetサバイバルオーディション番組「PRODUCE X 101」から輩出されたプロジェクトグループ X1(エックスワン)の精算問題がイシューとなっている。

「PRODUCE X 101」から排出されたX1

「PRODUCE X 101」から排出されたX1(画像出典:X1 official Twitter)

11月11日午後、ある韓国の芸能媒体は「X1がまだCJ ENM(Mnetを運営しているエンターテインメント事業者)との契約を結んでいない状態に加え、デビューアルバム「飛翔:QUANTUM LEAP」を57万枚販売したにも関わらず、メンバーたちの所属事務所が受けた精算金が「0ウォン」であり、精算が一度も成されていないことが確認された」と報じた。

「精算(ハングル 정산)」とは、K-POPアイドルたちが事務所から貰う収入のことで、毎月決められた給料のことではなく、アイドルたちが黒字化のために達成すべき売上高を超えると、契約条件通りに事務所とアイドルに分配されるお金のことを指す。

この「精算金」は、楽曲のヒット具合によっても変わってくるため、大ヒットすれば多くの収入を得る事が出来るというメリットがある。

しかし、練習生やデビュー直後のアイドルだと黒字になるための売上高を超えることが少ないため、グループの収益からトレーニング費用、アルバム製作費用、食費や日々の生活費など全てが差し引かれ、メンバーに支払う金額が残らない場合「精算金がゼロ」ということになる。

この報道について、韓国歌謡界の関係者は、X1の精算がまだ成されていないことは当然だという反応を見せている。

8月27日にデビューアルバムをリリースし、デビューしてから約3ヶ月経ったX1だが、まだ精算金が整理される時期ではないようだ。

X1に所属しているあるメンバーの事務所の関係者は、「X1がデビューして3ヶ月程になったが、まだ初めての精算が成されない時期だということは合っている。音源とアルバム販売の収益金が出ても、収益が整理されるまで時間がかかる。当然精算を受ける時期ではない。“精算金0ウォン”という報道に納得がいかない」と説明した。

複数の歌謡関係者たちによると、通常デビューチームの精算はデビューから3ヶ月後に成されることが多いと言われており、音源収益の場合、リリース後から3ヶ月程が過ぎて精算することができ、アルバムも収益が測定されるには発売日を基準として2~3ヶ月程の時間が必要だからだ。

メンバーの事務所の関係者たちは、「現在’PRODUCE X 101’が投票操作の論議で混乱している状況であるだけに、一部のメンバーも悪質なコメントによって精神的苦痛を受けている」とし「これまで’プロデュース101’シリーズで輩出された他のグループも精算に関しては問題が無かったため、X1も問題は無いと見ている」伝えた。

「PRODUCE X 101」の投票操作の論議によって、彼らの今後の活動に緊張感が漂っている中、ファンたちは根拠の無い’精算イシュー’で更にマイナスな関心が集められている状況に心配と怒りの声を寄せている。


X1 デビュー曲 ‘FLASH’ MV(動画出典:Youtube Stone Music Entertainment)