• BTS(防弾少年団)ジンが出演したバラエティー番組『ランニングマン』が放送を見送った。
  • 29日に梨泰院で起きた転倒事故を受け、韓国TV局では番組の放送自粛が相次いでいる。
  • ファンからは、スケジュール変更を余儀なくされた彼を懸念する声も上がっているようだ。

現在ソロ活動を行っているBTS(防弾少年団)ジンの出演番組の放送が延期となった。

ソロ活動中のBTSのジン

ソロ活動中のBTSのジン (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

10月29日夜に発生した韓国・梨泰院(イテウォン)での転倒事故を受け、韓国政府は犠牲者への哀悼の意を表し、同月30日から11月5日までを国家哀悼期間に定めた。

韓国内で予定されていたハロウィーンイベントやコンサートなどの催しは中止。韓国内のTV番組の放送休止も相次いでいる。

(関連記事)梨泰院惨事‥相次ぐ公演自粛に韓国ネット「プロ野球はやるのに」「アイドルが気の毒」

ソロ活動の一環として、ジンがゲスト出演したSBSバラエティー『ランニングマン』も、公式SNSを通じて10月30日の放送を中止すると発表。

番組は、コメディアンのチ・ソクジンと、グローバルスターのジン(本名キム・ソクジン)の「ソクジン対ソクジン特集」で進行される予定となっていた。

ジンがゲスト出演した、SBSバラエティー『ランニングマン』も放送延期に

ジンがゲスト出演した、SBSバラエティー『ランニングマン』も放送延期に (画像出典:SBS 公式Twitter)

また、28日に発売された彼のソロシングル曲『The Astronaut』の関連コンテンツの公開も、一部延期が発表された。

30日に予定されていたStationheadでのリスニングパーティーと、31日に配信予定だったLyric Videoは、改めて日程が案内されるという。

日本のSNSでは、

「残念だけど、懸命な判断」

「ジンのイベントも延期が多いね。止むを得ないのはわかっているけど残念」

「あれだけの痛ましい事故が起きたのだから、放送延期は仕方ないね」

「放送中止にはなりませんように!」

「放送日の発表は、哀悼期間が終わってからかな」

などの反応を寄せている。

ジンは先日、今月末にソロ活動のスケジュールが終了次第、入隊手続きに入ることを明らかにした。

それだけにファンからは、スケジュール変更を余儀なくされた彼を懸念する声も上がっている。

国家哀悼期間が終わるまで、韓国内のTV番組や芸能人のスケジュールはしばらく自粛になると見られるが、痛ましい事故の余波は、韓国芸能界に大きな影響を与えそうだ。




BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2761)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs