7人組ボーイズグループBTS(防弾少年団)の人気が、韓国芸能界の中でますます広まっているようだ。今月21日、MBCのバラエティー番組『全知的おせっかい視点』に出演した女優パク・ハソンが、BTSのメンバー、ジンのファンだということがわかり、話題を集めている。

今月21日、MBCのバラエティー番組『全知的おせっかい視点』に出演した女優パク・ハソンが、BTS(防弾少年団)のメンバー、ジンのファンだということがわかり、話題を集めている。

パク・ハソンはBTSのメンバージンのファンだという

BTSのメンバージンのファンだというパク・ハソン(画像出典:パク・ハソンInstagram)

この日の放送で、パク・ハソンはスタディーカフェにいる様子を公開。来月から放送がスタートするMBCドラマ『黒い太陽』の台本を勉強するため筆記用具などを準備する中で、ワイヤレスイヤホンのケースに注目が集まった。そのケースがジンのキャラクターグッズだったからだ。

また、別の出演者でコメディアンのイ・スンユンから「僕が知ってるグッズがある」と言われたスマホケースもBTSのグッズだったことがわかった。

司会者のチョン・ヒョンムが「ARMY(アーミー:BTSファンの名称)なの?」と聞くと「そうです」と答えたパク・ハソン。イ・スンユンもARMYとのことで、2人はフィスト・バンプ(拳と拳を突き合わせる仕草)をしながら「ボラハムニダ(愛しています)」と、BTSファンが使う言葉を口にした。

(関連記事)‘サンナムジャ’ BTS Vは何を見て「ボラヘ」という言葉をひらめいたのか?

彼女がカフェで勉強する間、息抜きにBTSのミュージックビデオを鑑賞する様子も映り、ジンが一番好きなメンバーなのかと聞かれると「はい」と答え、自身の”推しメン”がジンであることを伝えた。

パク・ハソンがカフェで勉強中にBTSのMVを鑑賞

カフェで勉強中、BTSのMVを鑑賞するパク・ハソン(画像出典:엠뚜루마뚜루 : MBC 공식 종합 채널 YouTubeキャプチャー)

この番組のほかにも今年6月、パク・ハソンは自身がDJを務めるSBSラジオ『パク・ハソンのシネタウン』で、BTSについて「とても幸せじゃないですか。私は憂鬱だったドラマを撮影した当時、とても力になりました」と述べたことがある。

パク・ハソンは、1987年生まれの今年34歳(日本年齢)になる女優だ。2005年、SBS『愛は奇跡が必要』でデビューし、これまで数々のドラマや映画に出演している。

日本の韓ドラファンの間では、特に2013年にイ・ジュンギと主演したMBC『TWO WEEKS』や2014年にパク・ユチョンと主演したSBS『スリーデイズ~愛と正義~』、クォン・サンウ、チェ・ジウと共演したSBS『誘惑』などに出演したことで、名が知られるようになった。

彼女の夫であるリュ・スヨンは、若い頃チョン・ウソンに似ていると言われたほどイケメン俳優として有名で、2人はMBC『TWO WEEKS』で共演し、2017年に結婚している。

リュ・スヨンは、以前「パク・ハソンさんは僕がイケメンだから結婚したそうです」と、ユーモアたっぷりに語り、話題を集めたことも。

リュ・スヨンとパク・ハソン

リュ・スヨン、パク・ハソン夫婦(画像出典:リュ・スヨンInstagram)

そんなイケメン好きで知られるパク・ハソンの推しがジンと明らかになると、オンライン上では、「やっぱり見る目も素敵」「ソクジン(ジンの本名)もパク・ハソンも、リュ・スヨンさんもみんなルックスがすごい」「パク・ハソンさんもリュ・スヨンさんも、ドラマでジンと共演してください」「本物のARMY」など、ファンからの好意的な反応が目立った。




BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1696)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース