タイトル曲「ON」でカムバックを果たして以降、様々な音楽番組の一位を席巻しているBTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)。今や1位常連となっているBTSのメンバーJ-HOPE(ジェイホープ)の1位獲得の瞬間のリアクションが話題だ。

J-HOPEの初心を忘れない姿がオンラインコミュニティ上で話題だ。

先月21日にカムバックして以降、勢力的に音楽活動に励んでいるBTS(防弾少年団 / ハングル 방탄소년단)のメンバー達。
そんな彼らが音楽番組で1位を獲得した瞬間のJ-HOPE(ジェイホープ / ハングル 제이홉)のリアクションが現在韓国オンラインコミュニティ上で注目を集めている。

初心を忘れないJ-HOPE

現在話題となっているJ-HOPEのリアクションとは一体?(出典:BTS公式Twitter)

新曲「ON」でカムバックを果たすと同時に様々な音楽番組の一位を席巻しているBTSはこれまでもカムバックの度に多くの1位を獲得してきた。
彼らの1位獲得経験の多さからは“そろそろBTSは1位を取ることに慣れてきているだろう”という考えも持つ人も存在するかもしれない。

しかしこうした考えを持つ人が1位を獲得したJ-HOPEのリアクションを見た瞬間、その考えは必ず変わるであろう。
なぜなら彼はワールドスターと呼ばれるようになった現在でも一位を獲得する度に、その驚きを表情で現わしているのだ。

今回のタイトル曲「ON」で1位を取った際には目を大きく見開いて手で口を覆いながらその驚きを表現したJ-HOPE。

初心を忘れないJ-HOPE

1位の獲得を予測していなかった事をうかがわせるJ-HOPEのリアクション!(出典:韓国オンラインコミュニティNATE)

そんな彼は今回のみならず「BOY WITH LUV」、「IDOL」で1位を獲得した際にも、目や口を大きく開いて驚いている様子がカメラに抜かれていた。

初心を忘れないJ-HOPE

1位の文字を見ると条件反射のように大きく見開かれるJ-HOPEの目!(出典:韓国オンラインNATE)

その驚きと喜びの表情は2015年に「I NEED U」でグループ初の1位を獲得した際と変わっておらず、その様子からは彼が当時から抱いている初心を忘れていない事がうかがえる。

初心を忘れないJ-HOPE

グループ初の一位の瞬間もJ-HOPEは目と口を大きく開いて驚いていた!!(出典:M2公式いYouTubeチャンネルキャプチャー)

このJ-HOPEの様子に注目した韓国オンラインコミュニティのNATEからは「必ず一位を取れる程人気があるのにこんなに驚いて喜ぶなんて見ていて気分が良いね」「見ているとこっちまで幸せになる」「J-HOPEはいつも本心を現わしてくれるね」と彼への称賛の声が聞かれた。

世間からは「カムバックすれば1位」と言われているにもかかわらず、1位を獲得する度に初めて1位を獲得した時のように驚き喜ぶJ-HOPE。
1位をとり続けているグループには「1位を取ることを当たり前だと思っている」という批判が寄せられる事が多いにもかかわらず、BTSにそうした批判の声が聞かれない理由はJ-HOPEの存在が大きいと推測される。

BTS

防弾少年団は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループ。
パンシヒョクのプロデュースによって誕生したBigHitエンターテインメントのヒップホップグループである。
デビューアルバムは<2 COOL 4 SKOOL>、デビュー曲は「No More Dream」。
グループ名の「防弾少年団」には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味を込めている。
ハングル表記は방탄소년단(バンタンソニョンダン)からバンタンと呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(925)