BTSがイギリスチャートに続き、アメリカのビルボードでも好成績を上げている。BTSの成功の裏に潜んでいる”新戦略”と、目指している”次なるステージ”を探ってみる。

BTSの新曲『Dynamite』が、思いっきり爆発した!
米ビルボードは、8月31日(現地時間)にBTSの初英語楽曲である『Dynamite』が、”HOT100″の最新チャートで1位を獲得したことを伝えた。
“HOT100″は、ストリーミングの実績と音源販売数、ラジオ放送回数などを総合して、毎週アメリカで最も人気のある楽曲順位を集計しているメインチャートだ。

BTS

初の快挙を成し遂げたBTS!おめでとうございます!(写真提供:©スポーツ韓国、Big Hitエンターテインメント)

(関連記事)BTS 米ビルボード’HOT100’チャートで初の1位!あの ‘江南スタイル’を超えた

韓国で生まれ、韓国人により手掛けられた歌手が、ポップの本場アメリカで輝かしい快挙を成し遂げた。
先月28日、イギリスのオフィシャルシングルチャート3位ランクインに続く好成績だ。ビルボード”HOT100″制覇も凄いものだが、地域色が強く、海外の音楽に排他的とされるイギリスのチャートでの上位ランクインには多くの人が驚いたようだ。

前例のないこの快挙に、BTSファンのみならず、韓国大衆文化に携わってきた関係者や評論家もざわついている。ある評論家は「BTSはもはやK-POPスターではない!(ただの)ポップスターだ」と、”K”をつけ”韓国だけ”にカテゴライズする動きを警戒する。
BTSが韓国語の歌詞で、韓国的な音楽で海外で活躍して*国威宣揚をしたのは、既に”過去の勲章”になりつつある。BTSは、世界の人々と共有しなければならない”ワールドポップスター”になったのだ。

*国威宣揚(こくいせんよう):国家の威光を示すこと

無理に例えるのなら、アルゼンチンが生んだサッカー選手 リオネル・メッシは、アルゼンチンだけの英雄ではなく、世界のサッカー英雄だという概念と一脈相通ずる。
今まで”韓国語歌詞”を固守してきたBTSも、英語歌詞を用いて、既存のマニアックなファンだけに満足してもらう曲ではなく、多くの人々に楽しんでもらえる曲を目指した。彼らは自ら”K”というバッジを外したのだ。

もう一つ、今回大ヒットをおさめた『Dynamite』には、ファンにはお馴染みの”世界観”がない。”不安に満ちた、未来を抱えた青春の疾走”など、様々な世界観を音楽に盛り込み、多くの人に共感してもらい、今の地位にのし上がったBTS。”世界観”のない新曲に、寂しさを露わにするファンも少なくないようだ。BTSにとっては、難しい世界観への”共感”を訴求するより、ただノリよく楽しんでもらい、ファン層を広めたいという思惑を抱いたのだと思われる。そして見事に実ったのだ!

K-POPの頂点だけにとどまると、いずれ”成長動力”は消えてしまう。今こそ、彼らが目の輝きを取り戻すためにも”新戦略”が必要不可欠なのだ。しかし今回発表した『Dynamite』は、シングルなのでBTSのアイデンティティーはなくなっていないとの意見もある。独特な世界観を保ちつつ、一過性の試みを増やしていく戦略は、今後どのような結実を彼らにもたらすのか‥BTSの快進撃は現在進行形だ。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースによって誕生した。
BigHitエンターテインメントに所属している。
デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。
グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。
ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1080)