BTS(防弾少年団)が長期休暇に入ってから、約1カ月半が経過した。ファンとのコミュニケーションを頻繁に行いながら、思い思いの休暇を楽しんでいるであろう7人。そんな中、末っ子のジョングクがボクシングに熱中している姿が、ファンの関心を集めている。

BTS(防弾少年団)の”ゴールデンマンネ(末っ子)”ことジョングクが、ボクシングに情熱を注いでいる姿が、ファン心を魅了している。

ボクシングする姿をインスタグラムで披露したジョングク

ボクシングする姿をインスタグラムで披露したBTSジョングク。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

ジョングクは1月26日、自身のインスタグラムに2つの動画をアップロード。そこには彼がボクシングのミット打ちをしている姿があり、コメントには「あっ‥ww(앗..! ㅋㅋ)」とだけ残されていた。

この投稿の2週間前と3週間前にも、ミット打ちの動画を載せており、連日ボクシングで体を鍛えていることがうかがえる。

しかし、彼がボクシングに情熱的に取り組んでいる姿を見せたのは、初めてのことではない。

時をさかのぼること2020年。

“日常と休息、その間”をコンセプトに制作されたリアリティー番組『In the SOOP BTS ver.』でも、熱心にボクシングに取り組む姿を見せている。

当時放送を観ていたファンは、オンラインコミュニティーに『自身のバラエティー番組でボクシング狂というニックネームを得たジョングクwww』というスレッドを立ち上げ、ジョングクがいかにボクシングに夢中になっていたかを、動画や写真で共有していた。

そして、そこに貼り出されていたメンバーの計画表には、散歩やゲーム、昼寝など、のんびりしたいという欲求が多く見られる中、ジョングクの計画表には”準備運動”、”縄跳び”、”ボクシング”、”運動”など、体力的にややストイックな内容が多いことが確認できる。

これを見たネットユーザーは「これを見た人が、BTSが森へ合宿に行った番組だと勘違いされるよw」「合宿番組でしょ?」「汗をかいた顔が爽やか過ぎる」「別のメンバーを見てても、遠くでボクシングしてるジョングクが見えるんだけどwww」「*座右の銘の通りに生きるジョングク」「彼を見ているとベッドでゴロゴロしてる自分を反省してしまうTT」など、様々な反応を見せた。

*座右の銘:”情熱なくして生きることは、死ぬことと一緒”

2018年頃からボクシングを始めたというジョングク、少年からたくましい男性へと成長したものの、かわいらしい笑顔は健在。そのギャップある姿で、ファンの心をさらにときめかせているようだ。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2063)

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs