韓国の文化特使として米国ニューヨークを訪れたBTS(防弾少年団)。空港では私服姿のメンバーがマスコミにキャッチされ、ジョングクがタトゥーを隠さずにいたことが注目を浴びている。この背景には、韓国社会にある変化が訪れていることを伺わせていた。

世界中の人々を魅了してやまない、ボーイズグループのBTS(防弾少年団)。

先日、韓国の文化特使として国連総会の行事に出席し、世界中の若者に向けてメッセージを発信。これには多くの称賛と共感が届けられており、彼らの活躍がどれほどの影響力を放つのか、注目が集まる出来事でもあった。

BTSは国連総会に出席した

国連総会に出席したBTS(画像出典:BTS公式Twitter)

(関連記事)BTSは北朝鮮の求愛用?韓国野党が文大統領を批判‥ネットは「後味わるい」

国際的な大舞台に向け、空港を訪れた姿もキャッチされている。

その中でもとりわけ目を引いたのは、ジョングクだ。

フランスのハイブランド、ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のシャツを羽織っていたのだが、その袖口から覗いていたのが、腕にほどこされたタトゥー。

芸能関係のスタッフだけでなく政府関係者も多いであろう中、タトゥーを隠さなかったことで、より多くの視線を集めてしまったようだ。

BTSのメンバージョングク

ニューヨークから帰国した際のジョングク(右)(画像出典:YouTube Dispatch キャプチャー)

これを受け、韓国メディア・NEWSIS(ニューシス)は、タトゥーに対する韓国社会の変化について触れている。

韓国では、ジョングクのようにタトゥーを入れる芸能人が増えている。

ファッションアイコンでもあるBIGBANG(ビックバン)のメンバー、G-DRAGONもタトゥーを入れていることで有名な芸能人の1人。ほか、少女時代(SNSD)のテヨンや女優のハン・イェスルなど、女性芸能人も大小のタトゥーを持っている。

有名な理由の1つが、タトゥー多く入れていること

タトゥー多く入れていることでも有名だ(画像出典:BTS公式Twitter)

タトゥーを入れているのは芸能人だけに限ったことではなく、スポーツ選手にも多い。

『東京2020オリンピック競技大会』でも韓国代表選手たちのタトゥーが話題になっていた。バレーボールや陸上の選手をはじめ、多くの選手たちが自分の体に刻まれたタトゥーを躊躇なく現わしていた。

そのせいか、韓国の若者を中心にタトゥーへの拒否感は薄らいでいるようだ。かつては暴力的なイメージであったタトゥーだが、現在は、意味のあるものを刻むのと同時に、アクセサリー感覚へと変化している。

そのような風潮が見られる中でも、依然としてタトゥーを隠さなければならないのが放送局だ。放送局は芸能人らのタトゥーを絆創膏で隠したり、モザイク処理をしていることが多い。

放送通信審議委員会によると、タトゥーの露出と関連し、放送事業者に別途の指針や関連ガイドラインを示すことはない。それにも関わらず、放送界でのタトゥー露出は今後も容易ではない見通しだ。

タトゥーに対する否定的認識の根源は、施術が”不法”というところにある。現行法上、医療行為と規定しているため、医療関係者だけが可能であるためだ。

凝ったデザインのタトゥーが見える、ジョングクの右腕

ジョングクの右腕にあるのは、凝ったデザインのタトゥー(画像出典:Run BTS!キャプチャー)

だが、このような状況は変化しつつある。

今年6月、ある政治家がタトゥー施術の合法化推進を伝え、ジョングクの写真を掲載して話題になったこともあった。

(関連記事)BTS ジョングクのタトゥーに言及した韓国女性議員、紫のドレスで見せた根性

韓国ギャラップの調査によると、回答者の51%が同法案に賛成している。特に、年齢層が低いほど法案に対する賛成の割合は高く、20代では8割以上が賛成となった。

このような流れなら、放送界でも芸能人やスポーツ選手らが自分の体に刻んだタトゥーを気楽に見せることができる日も遠くない、という期待感が出ている。

今回、ジョングクが空港でキャッチされた際、彼にこのような意図があった訳ではないが、彼の行動は若者を中心に支持されているようだ。

タトゥーにネガティブなイメージがある韓国では、ジョングクの姿は勇気ある行動だったと痛快な気分になる人も多かったよう。

肯定的に見る人が次第に増えていくと予想される中、彼の行動がさらなる追い風になるかもしれない。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1742)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース