BTS(防弾少年団)が、2021年11月に米LAでコンサートを開催した際に携わった現地スタッフが、最近自身のSNSでメンバーについて語った映像を公開。世界中のファンから爆発的な反応を得ている。中でもジンについて「非現実的な美しさだった」と、”WWH”に魅了されたことを伝えた。

また一人、BTS(防弾少年団)ジンの”WWH(ワールド・ワイド・ハンサム)”の沼に落ちたようだ。

アメリカのスタッフをもWWHの沼に落としたジン

アメリカのスタッフをもWWHの沼に落としたBTSジン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

2月13日にアメリカ在住のある人物(以下、便宜上A氏とする)が、自身のSNSでジンについて言及し、これを見たグローバルファンがネット上で爆発的反応を見せた。

A氏は、昨年彼らが米LAで行ったコンサートの現地スタッフを務めたと言い、当時について振り返っている。

「ジンは本当にイケメンで、この世のものとは思えなかった」と話し始めると、「彼の容姿を言葉で表現するのは難しい、それくらい美しかった」と語った。そして「ジンはかわいくてジョークもうまくて、とても親切だった」と明かす。

また、「ジンの美貌は廊下全体を明るく照らし、彼はいつも笑っていた」と言った後に、ある男性スタッフのエピソードを披露。それは「頭に何かを付けて写真を撮っている子は面白いね」と言われたスタッフが「彼が一番年上のメンバーだ」と教えると「一番年下だと思ってた」と返されたというもの。

頭に何かを付けて写真を撮っている子のジン

「頭に何かを付けて写真を撮っている子」の長男ジン‥。(画像出典:BTS 公式Twitter)

さらにA氏は「そしてこれが彼の最も好きな部分だ」と言うと、「その現場には、副業をしなければ生活できない高齢者が多く働いているのだが、ジンのユーモアと親しみやすさが、彼らを笑わせていた」と伝えるのだった。「そんな人懐っこい性格のおかげで、彼らはジンを末っ子のようにかわいがり、ジンは人々をいつも幸せにしていた」と付け加えた。

そして最後に「ジンは10点満点で100点の男」と、唯一無二であることを強調している。

これまでも彼の美貌については、当サイトでも何度か記事にしてきたが、今回は外見だけではなく、内面の美しさも再証明して見せた形だ。

(関連記事)BTS ジン「顔外交」「韓流ドラマの理事」「顔が美術品」NYで輝いたWWH

(関連記事)BTS ジンはやっぱり「WWH」だった!高級マンションを両親へプレゼント

BTSと接したスタッフは、必ずと言っていいほど彼らのファンになってしまうようだ。それは魔法でも何でもなく、彼らの誠実な振る舞いが周囲の人々を魅了しているに他ならない。

グローバルアーティストとして、そのスター性も人柄も遜色ない彼らの人気は、まだまだ拡散が続きそうだ。






BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2431)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs