BTS(防弾少年団)のジミンのファンが、アメリカの『ビルボード・ミュージック・アワード』のノミネートと新曲『Butter』初披露を祝うためのテレビ広告を行うことがわかった。BTSファンの応援スケールの大きさが最近話題になったのは、V(ブイ)、ジョングクに続き、ジミンで3人目だ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

韓国メディア・韓国日報は、BTS(防弾少年団)のメンバー、ジミンの中国のファンクラブ・JIMINBAR CHINAが、連合サポーターズ(JAMJAM)とともに、SNSで「BTSの『ビルボード・ミュージック・アワード』ノミネートと、ニューシングル『Butter』の初披露を祝うため、『ビルボード・ミュージック・アワード』が韓国で独占生中継されるMnetでジミンの広告を行う」と明らかにしたと報じた。

さらに別のファンクラブ”オールフォージミンコリア(allforjimin)”では、デビュー8周年を記念し、『Butter』のカムバックを祝う広告を、ソウルの龍山(ヨンサン)にあるBTSの所属事務所HYBE(旧BigHitエンターテインメント)社屋の向かいのバス停で行っているという。

Mnetでジミンの広告を行うことを明らかにした中国のファン

BTS ジミンの中国ファンクラブが、『BBMAs』が韓国で独占生中継されるMnetでジミンの広告を行うことを明らかにした(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTSのファン、いわゆるARMY(アーミー)が行うお祝い広告について最近大きく取り上げられ話題になるのは、ジミンで3人目だ。

まずはV(ブイ)。彼の中国のファンクラブ”BAIDU V BAR”は、昨年Vの誕生日だった12月31日、K-POP歴代最高となる12億ウォン(約1億1,600万円)以上の募金額を達成したことが大きく報じられたことがある。

また、アラブ首長国連邦のドバイにある世界最高層の”ブルジュ・ハリファ”でのライトショーといった超大型イベントや、”テヒョン希望小学校”建立などの寄付活動まで、世間を驚かせる画期的なサポートを行ったことが話題になった。

世間を驚かせる画期的なサポートを行い話題になったVの中国ファン

BTS Vの中国ファンは世間を驚かせる画期的なサポートを行い話題に(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

次に、ジョングク。ジョングクの中国最大のファンクラブ”ジョングク・チャイナ”は、今年9月1日のジョングクの誕生日を記念し募金を集めているが、11日間の募金額が450万元(約7,500万円)に達したことがニュースに取り上げられ、話題に。

このほか、韓国初となるKTX(韓国高速鉄道)400mに達する全車両の外観にジョングクの写真を使用しデザインした誕生日広告や、韓国の芸能人初となるアメリカ”自由の女神像”のスカイタイピング広告、ニューヨークタイムズのスクエアの電光板広告、さらに韓国の芸能人初のフランス・パリのLEDスクリーンモバイル広告車など、世界各国で29回以上の誕生日サポートが行われたことも大きく報道された。

今年の誕生日を記念した募金が、11日間で450万元集まったジョングク

BTS ジョングクの今年の誕生日を記念した募金は、11日間で450万元(約7,500万円)を集めた(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

そして今回ジミンのファンが行うテレビ広告も、桁違いのスケールとなるファンサポートだということで注目を浴びているが、彼の中国ファンは2019年に彼の24歳(日本年齢)の誕生日を祝うために、中国杭州にあるビル34棟の外部を全てスクリーンにするという、超大型照明イベントを行ったことがある。

ビルの外壁には、ジミンの写真や朴智旻(パク・ジミン)という名前、彼の生年月日を意味する「19951013」の数字などが表示され、注目を集めた。

Vから火が付いた中国での人気、ファンの広告合戦は、ジョングク、ジミンへと続き、どんどんそれぞれの勢力が強くなっている。

これはまるで、中国の古典文学『三国志』に登場する”*天下三分の計”を思い起こさせる。

*天下三分の計:『三国志』において、諸葛亮孔明(ショカツリョウコウメイ)が劉備(リュウビ)に勧めた戦略案。強敵がいると天下全体を支配するのは厳しいため、天下を3つに分けて支配するようにしようとする作戦。

韓国と中国は政治的背景があり、BTSは中国で正式に活動していないにも関わらずこのような中国ファンからの熱い応援が続いており、相変わらず中国での高い人気が証明されている。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1699)




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース