世界各国からラブコールを送られ、特に欧米での人気が顕著に現れているジミンだが、今度はブラジルの企業から名指しで猛烈アピールをもらい、話題を呼んでいる。

今月15日、BTS(防弾少年団)が韓国・ロッテ七星飲料のビール”クラウド”と”クラウド生ドラフト”のイメージモデルに抜擢された。

ロッテ七星飲料は、これまでもパク・ソジュン、チョン・ジヒョンなど人気芸能人をイメージモデルとして起用してきたが、今回グローバルな活躍を見せるBTSを新たに起用し、さらなるイメージ戦略を図るようだ。

ビールのモデルに抜擢されたBTS

BTSがビールのモデルに抜擢された(画像出典:ロッテ七星飲料)

このニュースを聞きつけた”ビール大国”ブラジルのビールメーカー”BTEATS”は、「BTSとBTEATSのコラボが必要」というネットユーザーのコメントを引用し、ジミンの名を単独で取り上げ、「Ei Jimin, menota!(ねえジミン、私のそばに来て!)」とツイートした。

さらに1360万フォロワーを保有するブラジルの国民歌手で俳優、司会者として活動する自社のブランドマーケティング責任者・アニタ(Anitta)を召喚し、積極的なラブコールを送った。

また、ブラジルのトップモデルで有名女優のマリーナ・ルイ・バルボーザは、”クラウド”の広告のジミンの髪の色が自分と同じ赤かどうかをネットユーザーに確認する文章を残すなど、”ジミン効果”を巻き起こし、世界的な話題の中心となった。

この一連の件について、ファンだけでなく地元の人をはじめビール愛好家まで熱い歓声をあげたと韓国メディア・スターニュースが報じ、話題を集めている。

"酒豪"だというジミン

ジミンは”酒豪”だった?!(画像出典:BTS公式FaceBook)

ジミンは、これまでも国を問わずさまざまな著名人から愛を告白されてきたが、今度は企業から名指しでラブコールが受けることに。

ところで、ジミンはどれほどお酒が強いのだろうか。
ファンなら周知の事実かもしれないが、見かけによらず実は酒豪なんだそう。

ビール、焼酎、洋酒なんでも飲めるようで、以前ジョングクは、お酒が強いメンバーとしてジミンとジンの名前を上げ、J-HOPEは「BTSお酒の強さランキング」でジミンの名前を3位に書いたことがある。

また映像などでも何度かお酒を豪快に飲む姿を披露しており、ファンの間でも”人知れず酒が強いジミン”として知られている。
そんな事実を知ってか知らずか、今回彼にラブコールを送った”BTEATS”。

いつかジミンが”BTEATS”のビールを飲んでいる姿を見ることができるだろうか? まだお酒の飲めない10代のARMYたちも気になっているようだ。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1692)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース