BTS(防弾少年団)が米ホワイトハウスで、自らが持つ影響力を駆使し、平和と非暴力を訴え、世界の人々に感動を与えたのである。多くの人が驚いている中、アメリカが誇る人気アーティストが取った行動が話題を集めている。

BTS(防弾少年団)が米ホワイトハウスを訪問し、「暴力や差別に反対し、多様性や包容性を認めよう」というメッセージを伝えた。

米ホワイトハウスを訪問したBTS 中央はバイデンアメリカ大統領

米ホワイトハウスを訪問したBTS 中央はバイデンアメリカ大統領(画像出典:HYBE)

5月31日(現地時間)、BTSは米国の“アジア系・ハワイ先住民・太平洋諸島住民(AANHPI)遺産の月”の最終日であるこの日、ジョー・バイデン米大統領と対談し、“反アジア憎悪犯罪対応法案”について意見を交わす。

続きを読む

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs