K-POPボーイズグループBTS(防弾少年団)の「善良な影響力」が、人々にも良い影響を与えて経済的にも効果を現わしている。韓国では「バンタン エコノミー(経済)」という新造語まで作られるなど大変な賑わいとなっている。

今月、大阪と静岡での公演を盛況裏に終えて「グローバルスター」らしい底力を見せたBTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)。

彼らは特に、7月3日にリリースされたシングル「Light / Boy With Luv」で、5日連続オリコンチャート1位を記録して変わらぬ人気を証明している。

バンタン 防弾少年団 BTS

グローバルスターBTS(防弾少年団)(画像出典:BTS official Twitter)

これだけでなく、BTSは驚くべき経済効果を創り出しており、彼らの名前がつけば必ずと言って良いほど「大ヒット」に繋がり、ある場所を散策すれば観光名所に、またある商品を使えばその該当商品は即完売となる。

彼らの経済波及効果のおかげで、韓国では「バンタン エコノミー(経済)」という新造語まで生まれたほどだ。

グループとしても強力なパワーを持つBTSだが、一人一人のパワーも物凄い。

RM 美術館巡り

ナムさん キムナムジュン RM

RMが立ち寄った美術館はたちまち観光スポットに!!(画像出典:BTS official Twitter)

今月9日、芸術愛好家として知られているリーダーのRM(本名 キム・ナムジュン)が、ソウル市立・北ソウル美術館に立ち寄り、キム・ファンギ画伯による「永遠の歌(ハングル 영원한 노래)」(1957)の作品の前で写真を撮影。

この写真を見たファンの間で瞬く間に話題となり、該当の美術館を訪問する人々が急増して、一日平均2000人以上の観光客が訪れる人気スポットとなった。

また、BTSが6月に釜山(プサン)でファンミーティングを開催した際にもRMが市立美術館に立ち寄ったことで、その後観光客が4倍以上増加し「BTS効果」を実感。

美術館の関係者は「スターの訪問は本当にパワーが大きいようだ」と喜びの悲鳴を上げた。

釜山 美術館 RM サイン

RMが立ち寄った釜山私立美術館(画像出典:釜山市立美術館 Instagram)

[wp-svg-icons icon=”instagram” wrap=”i”] 釜山市立美術館 Instagram

Vのブローチ

テテ キムテヒョン ブローチ

Vの胸元についているブローチが即完売に!!(写真提供:©スポーツ韓国)

メンバーのV(本名 キム・テヒョン)が着用していたパレット形の小さなブローチは、爆発的な関心を引いて品切れ状態を巻き起こした。

該当のブローチはイギリスのデザイナーKate Rowland(ケイト・ローランド)の製品で、ブローチが品切れになると作家のケイトはVに感謝の気持ちを伝えて、Vがブローチを着用していた6月10日を「ブローチ・デー」と名付けた。

またケイトは、作品の収益の一部をBTSが参加するユニセフ「LOVE MYSELF(私自身をまず愛そう)キャンペーン」に寄付すると伝え「善良な影響」に繋がった。

テテ テヒョン ブローチ

Vがつけていた可愛いブローチ。注文が殺到しているそう..(画像出典:Kate Rowland
HP)

ジン ユニセフへの寄付

ジンニム ジン キムソクジン

陰ながら寄付をしていたジン..(画像出典:BTS official Twitter)

今年5月、メンバーのジン(本名 キム・ソクジン)が、ユニセフ累積寄付金1億ウォン(約916万円)を超えて「ユニセフ・オーナーズクラブ会員」となった。

毎月一定金額を寄付してきたジンは、これまで周囲に寄付の事実を知らせてこなかった。

このエピソードを聞いたファンたちはジンの優しさに心を打たれ、自発的に寄付に参加するなど、新しい効果を生み出した。

(関連記事)ジン(BTS) 1億ウォン以上の寄付で「ユニセフオーナーズクラブ」会員に

このように、BTSの善良な影響力が人気スポットとなり、一人の作家の人生に希望の光を与え、ファンたちを寄付に導いたように、今後も「バンタン エコノミー」が継続するのか関心が寄せられている。