今、世間で注目されているBLACKPINKのジェニー。先日、新曲『Lovesick Girls』のMVで看護師を連想させるファッションで登場して議論となったが、彼女のステージ衣装がさらに話題を集めている状況だ。

新曲『Lovesick Girls』のミュージックビデオ(以下:MV)の中で、看護師を連想させるファッションで登場して議論となったBLACKPINKのジェニーが、意味深なメッセージを残したと話題だ。

ジェニーは10月10日、自身のインスタグラムに「Yeah we some 〇〇 you can’t manage」という文と共に数枚の写真を投稿。この文章は新曲『Pretty Savage』の歌詞で、”私たちはあなたの手に負えないの‥”という意味が込められている。

BLACKPINK ジェニー

BLACKPINK ジェニー(画像出典:ジェニー Instagram)

また、この文章と共にネットユーザーの注目を集めたのは、ジェニーのファッションだ。写真の中のジェニーは、独特なデザインのクロップ・トップスとジーンズ、アームウォーマーをマッチして洗練されたファッション感覚をアピールしている。

その中でも、フランスのファッションブランド・Vetements(ヴェトモン)のジーンズに書かれたメッセージには”Censored”と書かれており、先日起きた看護師協会との論議に対する心境を表わしているのではないかという推測が浮上している。Censoredは直訳すると「検閲(けんえつ)された、検閲(けんえつ)を受けた」という意味がある。

一部のネットユーザーの間では「近頃、ネットユーザーによる’パトロール’や’インターネットの検閲’が深刻な状況を間接的に指摘しているのでは」「ジェニーは本当にクールでカッコイイ」「反省している態度には見えないのだが」「彼女がどのような意図で着用したのか、行き過ぎた解釈はしない方がいい」など交錯した反応を見せている。

ちなみに”検閲”とは、人々の言動や服装などに関する基準(行動や判断の基準となるべき原則)によって、その基準の枠から外れていることを指摘すること。そして、不適当と判断した場合には、規制(発売の禁止、変更、修正、削除など)を加えることを指す。

論議となったシーン

論議となったシーン(画像出典:BLACKPINK Youtube capture)

これに先立ち、『Lovesick Girls』のMVでジェニーが看護師を連想させる衣装を着用していたことに対して、韓国の看護師協会側が「歌詞の脈絡と関係のない官能的な看護師の服装をMVに登場させたことは芸術ジャンルというより、社会に蔓延した看護師を性的対象化している風潮をそのまま表している」とし「グローバル歌手のMVが及ぼす社会的影響力と、責任を重く感じてほしい」と指摘。

これに、所属事務所YGエンターテインメントは「MVも1つの芸術ジャンルとして見て頂きたい。該当のシーンには特定の意図は全くなかった」と釈明したが、論議が収まらないため、「重い責任感を感じている。看護師の方々に深い謝罪と、心より尊敬の意を伝える」と、問題のシーンを削除すると明らかにして論議が一段落した。

(関連記事)BLACKPINK 看護師の怒りを大きくさせた’性的対象’ともう1つの理由



BLACKPINK

BLACKPINK(愛称 ブルピン / ハングル 블랙핑크)は、韓国のガールズグループ。2016年にYGエンターテインメントによって結成。
メンバーは韓国出身のジス、ジェニー、オーストラリア出身のロゼ、タイ出身のリサによる4名。公式ファンクラブ名は「BLINK(ブリンク)」。

BLACKPINK プロフィール&記事(155)