• BigHitによる、”ボラヘ”商標出願が白紙となった。
  • 韓国特許庁は「”ボラヘ”はBighitではなく、Vが所有権者である」と判断したようだ。
  • この事案に対して韓国ネットユーザーは「アーティストの権益が守られていない」と嘆いている。

BTS(防弾少年団)の所属事務所である、BigHitミュージック(以下、BigHit)の“ある試み”が白紙となった。

”ボラヘ”を生み出したBTS V

”ボラヘ”を生み出したBTS V(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

10月11日、韓国メディアは「BigHitは、Vが生み出したと言われる単語“ボラヘ(보라해)”の商標出願を申請したが、特許庁がこれを却下した」と報道。

一部のマスコミは、“却下理由”について「特許庁は、“ボラヘ”の権利者をBigHitではなく、キム・テヒョン(Vの本名)にあると判断したため」と捕捉している。

しかし、この“ボラヘ”商標問題。マスコミの報道だけでは、いくつかの疑問が残る。

その疑問を、紐解いてみたい。

ボラヘ(보래해)の意味とは

“ボラヘ”を直訳すると、“ボラ(보라/紫)”+“へ(해/する)”、“紫する”となる。

この言葉は、韓国のポータルサイトであるNAVER(ネイバー)が運営するサービス『NAVER辞典』にも登録されているほど、多くの人が知り、多くの人に使われる言葉となっている。

欧米のARMY(BTSファン)の間では、“I purple you”と訳されているという。

この言葉は、2016年11月に行われたBTSのファンイベントでのこと。Vが、BTSの公式ペンライト“ARMY BOMB(アーミーボム)”によって、観客席が紫一色に染まった光景を見て、即興で作った言葉だ。

韓国特許庁は"ボラヘ"の権利者をVと認定している

韓国特許庁は”ボラヘ”の権利者をVと認定している(画像出典:BTS official facebook)

Vはこの言葉について「虹を、“青春”や“人生”に例えると最後の色が紫なので、最後までお互いを大切に思い、信じて、愛し合おうという意味を込めた」と語った。

この“ボラヘ”は、BTSとファンをつなぐ言葉として、今もなお大きな象徴性を持っている。

特許庁は、なぜVを権利者だと判断したのか

韓国の特許庁は、BigHitの出願を却下した理由として「商標法第34条1項に基づき、申請を受理することができない」と明かした。

特許庁は、どのようにして「“BigHitのもの”ではなく、“キム・テヒョンのもの”であるため」という判断に至ったのだろうか。

BigHitの出願申請後の経緯を見てみると、不特定多数による“情報提供”があったことがわかる。

“情報提供”とは、商標出願が成立してはならない理由(拒絶事由)がある事を、特許庁の審査官へ知らせる行為であり、審査官はこれらの情報を参照し、最終的な判断を下すという。

韓国メディアのBizHankook は、BigHitが“ボラヘ”の権利を所有する事に反対する多数のファンが、特許庁に情報を提供したと見ている。

すなわち「“ボラヘ”は、Vとファンが共有する大切な思い出であり、メッセージである」という、共通認識の表れなのだ。

それ故、徹底的な“防御”に踏み込んだものと見られる。

Vの承諾があれば、出願は可能か

特許庁の判断により、Vは“ボラヘの権利者”だと、公に認められた。

ここで仮にVが、“ボラヘ”の権利をBigHitに委託した場合、商標出願は可能になるのだろうか。

これについて、BuzHankookは「Vが“商標を使用しない”意思を特許庁に知らせれば、BigHitに対する拒絶事由は消滅する可能性が高い」と分析。続けて「全ては、Vの判断次第だ」と強調した。

同メディアはその根拠として、“BTS”などのグループ名も「BigHitが、BTSメンバー全員の承諾を得て商標出願をした」と裏付けている。

ではBigHitは、Vを説得して“ボラヘ”の商標出願を再度試みるだろうか。

特許庁への“情報提供”という集団行為を目の当たりにしたBigHitとしては、ファンの逆鱗に触れる行動は容易ではない。

とはいえ、Vが“ボラヘ”の所有権を行使するのも、事務所としては好ましくない。“不仲説”というデマの根源になる恐れもある。

韓国ネットでは、この事案を巡って「アーティストを被雇用者として見ているから、こういう発想ができる」「厳密にいうと、同業関係である」「“ボラヘ”はVとファンのもの」と、BigHitをけん制する声が多数を占めている。

(関連記事)BTS Vは’きれいな言葉を生む天才’!関心と配慮に満ちた彼の語録 4選

編集長コラム

Danmee編集長のコラムです。韓国芸能界の出来事やネットの話題を分かりやすく解説しております。日本のマスコミが滅多に取り上げない様々な韓国情報を読者の方々と共有していきたいと思います。

記事一覧を見る(1363件)





BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2759)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs