BIGBANG(ビッグバン)のT.O.P(トップ)が、自身のインスタグラムに寄せられたユーザーからのコメントに返信した内容が話題になっている。またBIGBANGは4月に「コーチェラ・フェスティバル」に出演するとカムバックを事実化したため、T.O.Pも新たなスタートに対する意志を間接的に表明したと見られている。

BIGBANG(ビッグバン)のT.O.P(トップ / 本名 チェ・スンヒョン)が、自身のインスタグラムを通じてファンたちと疎通し、カムバックに対する意志を表わしたと話題になっている。

インスタグラムを通じてファンと疎通しているTOP

インスタグラムを通じてファンと疎通しているT.O.P(画像出典:T.O.P Instagram)

1月6日、T.O.Pはインスタグラムにアメリカのコンセプチュアル・アーティスト(作品に込められたコンセプトを重視するアート)であるジョン・バルデッサリ(John Baldessari)の作品を投稿した。

該当の投稿には特別な文章は無く、明確な掲載理由は不明だが、ジョン・バルデッサリが1月2日に享年88歳で逝去したため、追悼の意味が込められているのではないかと推測されている。

韓国の各種芸能媒体によると、このT.O.Pの投稿に、あるネットユーザーが「君はちゃんと生きていかないと。これ以上失敗したらダメだよ」とコメントをすると、T.O.Pが「agreed(同意する)」と返信したようだが、現在は該当の返信は削除されている状況だ。

このT.O.Pの返信を目にした一部のインスタグラムのユーザーたちは「T.O.P Good job」「オッパ(お兄さん)これからは幸せになろう」「失敗は誰でもあります。苦しかったら力を抜いて生きてください」「カムバックを楽しみにしています」などの温かな反応が寄せられている。

「これ以上失敗したらダメだよ」というファンからの書き込み

「これ以上失敗したらダメだよ」というファンからの書き込み(画像出典:T.O.P Instagram)

一方、1月3日にBIGBANGの所属事務所YGエンターテインメントが、4月にBIGBANGがアメリカ・カリフォルニアで開催される音楽祭「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル」への出演を確定したと明らかにし、カムバックの便りを伝えた。

コーチェラ・フェスティバル側によると、BIGBANGは4月10日と17日にステージに上がる予定だという。

今回のステージは、バーニングサン事件の核心的な人物として名前があがったV.I(スンリ)がチームを抜けた後、昨年全てのメンバーが国防の義務を終えて招集解除および除隊してから、初のステージになるため世間の注目を浴びている。

特に、招集解除後に特別な活動はせずに自粛しながらインスタグラムを通じてファンたちと疎通してきたT.O.Pは、過去に芸能界復帰を置いて一部のインターネットユーザーと舌戦を行ったが、所属事務所がBIGBANGのカムバックを事実化したことにより、T.O.Pも自身の過ちを悔いて新しくスタートしようとする意志を間接的に表明したのではないかと見られている。

T.O.Pは2017年、歌手練習生出身のハン・ソヒと大麻の吸引疑惑で執行猶予処分を受けて機動警察を解除されたのち、社会服務要員として代替服務を遂行して、2019年7月6日に招集解除された。

BIGBANG

BIGBANG(ビッグバン / ハングル 빅뱅)は韓国出身の4人組男性アーティストグループ。
メンバーはG-dragon、TOP、SOL、D-LITE(元メンバーV.Iは2019年3月に芸能界引退)で、YGエンターテインメントに所属している。2006年に韓国でデビュー。メンバーは、MTVコリアの「リアルドキュメンタリーBIGBANG」を通して選ばれた。
2006年デビュー後から若い世代のファッション、トレンドに大きな影響を与えたグループであり、これ以降にデビューするアイドルグループのコンセプトなどにも影響を与えたグループだ。

BIGBANG プロフィール&記事(210)