SMエンターテインメントの新人ガールズグループaespa(エスパ)の新曲ティーザー映像が盗作疑惑に包まれ、ネット上で騒動になっている。原作とあまりにも重なる部分が多く、ネットユーザーから「偶然とは言い難い‥」などの声が寄せられている。

SMエンターテインメント(以下:SM)の新人ガールズグループ”aespa(エスパ)”に盗作疑惑が浮上した。

11月16日、SMはaespaの新曲『Black Mamba』のティーザー映像をユーチューブを通じて公開。映像が公開されると、すぐにオンライン上で『Black Mamba』のコンセプトや背景、演出などが、あるデジタルクリエーターの作品に似ていると盗作疑惑が提起された。

SM期待の新人ガールズグループaespa(エスパ)

SMからデビューする期待の新人ガールズグループaespa(画像出典:aespa Twitter)

海外のあるデジタルクリエーターは、自身のインスタグラムに「彼ら(SM)は私の作品をコピーしたようだ。彼らから私に(デザイン使用について)尋ねられたことはない。私は彼らと共に仕事はしていない」という文と共に、aespaのティーザー映像と自身の作品を共に上げてコンセプトが似ていると指摘。

過去、彼は地下鉄を背景とした作品をリリースしたことがあるが、比べてみると地下鉄の床に花畑が植えてあるシーンと巨大な蛇が行き来するシーンがよく似て見える(論議が大きくなり、現在デジタルクリエーターの投稿は削除された状態だ)。

自身の作品に似ていると指摘したデジタルクリエーター

aespa(上)、デジタルクリエーターの作品(下)。海外のデジタルクリエーターが自身の作品に似ていると指摘(画像出典:SMTOWN Youtube、デジタルクリエーター Instagram)

aespaの新曲『Black Mamba』の盗作疑惑はこれだけではない。

PCオンラインゲーム『リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)』のバーチャルポップグループである”K/DA(ケーディーエー)”の『POP/STARS』というミュージックビデオの中に出てくるネオンカラーが印象的な怪物が出てくる演出も似ているという主張も。

PCオンラインゲームのMVやコンセプトも似ていると論議になったエスパ

K/DA(上)、aespa(下)。PCオンラインゲームのMVやコンセプトも似ていると論議に(画像出典:SMTOWN Youtube、League of Legends Youtube)

aespaは「現実世界と仮想世界、自分のもう1つの自我であるアバターと出会い、新しい世界を経験する」という世界観で活動する予定で、デビュー前から仮想キャラクターを活用したコンセプトが”K/DA”を盗作したという論議も提起されている状態であり、最近ではメンバーのアバターがBLACKPINKのリサに酷似しているという指摘も受けたことがある。

"K/DA"を盗作したという論議が提起されている

K/DA(上)、aespa(下)仮想キャラクターを活用したコンセプトが似ている?(画像出典:League of Legends YouTube動画キャプチャー、aespa公式Twitter)

(関連記事)BLACKPINK リサにそっくり? SM新人アイドルaespaのアバターに論議浮上

aespaの盗作疑惑を目にした一部のネットユーザーからは「あまりにも酷似している部分が多い。これは果たして偶然と言えるのか」「盗作と言われてもおかしくないほど、いくつも重なる部分が多いですね」などの反応が寄せられている。

先月、パワハラ騒動、プライベート問題など所属芸能人たちの逸脱行為でアーティストの管理を粗雑にしているという非難が相次いだSM。続く盗作疑惑によって今度はいかなる立場を表明するのだろうか。今後の対応が注目される。

(関連記事)NCT 有名ブランドと酷似したティーザー画像‥相次ぐ’お家騒動’で苦悶するSM