日本ファッション雑誌の表紙を飾り、ショッピングモールのCEOとして活動し‘短髪の女神’と呼ばれて人形のような容姿で話題のカン・テリ。韓国では彼女が何か行動を起こせば記事にされるなど非常に影響力のあるインフルエンサーとして有名だ。日本でも徐々にカン・テリの名前が広まってきているので、これまでの彼女の活動を紹介する。

日本の女性ファッション雑誌「CanCam」の2月号の表紙や、「mini」特別編集号の表紙などを飾ったことがあり、今韓国で大ブレイクしているインスタグラマー カン・テリ(ハングル 강태리)をご存知だろうか。

「CanCam」の表紙モデルを飾ったことがあるカンテリ

「CanCam」の表紙モデルを飾ったことがあるカン・テリ(画像出典:カン・テリ Instagram)

1991年生まれで今年29歳になるカン・テリは、ショッピングモールのCEOとして、現在インスタグラムで170万人を超えるフォロワーがいるインフルエンサーだ。

過去、カン・テリはアイドルグループ TREN-D(トレンディ / ハングル 트렌디)のメンバーとして活動していたことも。

2013年アイドル活動当時、彼女はルル(ハングル 루루)という活動名で活躍し、チームのリーダーでありリードボーカルとして「Candy Boy」などのヒット曲をリリースして活動していた。

メンバーの脱退や入れ替わりなどが続いて、2015年10月にチームから脱退。現在ではショッピングモールのCEO兼モデルとして活動しており、まるで人形のような容姿で話題になり、台湾や日本など海外でも多くの人気を得ている。

お人形のようなカン・テリ

お人形のようなカン・テリ(画像出典:カン・テリ Instagram)

上述したように、雑誌の表紙を飾るだけでなく、日本最大のファッション・音楽イベントである「Rakuten Girls Award 2018」のランウェイなどにも登場したカン・テリは、ユーチューブ(Youtube)でも旺盛に活動を続けており、2億ウォン(約2000万円)を越えるベンツを購入して話題を集めたことも。

韓国を代表するファッションアイコンとして勢いが止まらない彼女は、1月25日に自身が監修したコスメ「CILY COSMETIC」が大阪でオープンしたことを記念し、オープンイベントに姿を現した。

日本でのイベントにも参加したことのあるカンテリ

日本でのイベントにも参加したことのあるカン・テリ(画像出典:カン・テリ Instagram)

これまでの写真を見て分かるように、あまりにも小顔で整いすぎている顔立ちから、韓国では「整形しているのでは?」「フォトショップで補正しているんでしょう?」といった整形説が浮上することに。

しかし、いくら韓国のネットを検索してもカン・テリの過去の写真や整形前後を比較する写真は発見されず、アイドル時代の写真を見てみてもメイクやヘアースタイルで若干雰囲気が違って見えるだけで、以前も美貌は健在だった。

このようなことから、韓国のネットでは「カン・テリの容姿は天然美人」だと言われている。

ガールズグループとしては成功しなかったが、ショッピングモールの代表として成功しているカン・テリ。

日本でも活発に活動を行っているため、今後も彼女の姿を目にすることがあるだろう。

常にインスタグラムでエキゾチックな容姿を披露し、沢山のファンに愛されて流行を発信し続けるカン・テリのこれからの活躍に目が離せない。