9月26日に放送された、SBSバラエティー『イ・スンギのチプサブイルチェ~師匠に弟子入り~』では”大統領候補BIG 3特集”が組まれ、イ・ジェミョン前京畿道知事が出演。両親からもらった肌と髪を誇り、イ・スンギから”ビューティーインフルエンサー”の称号を受け取ることに。

9月26日に放送された、SBSバラエティー番組『イ・スンギのチプサブイルチェ~師匠に弟子入り』では、前週に引き続き”大統領候補BIG3特集”が組まれ、イ・ジェミョン前京畿道知事が”師匠”として登場した。

イ・ジェミョン前京畿道知事

韓国大統領選挙の有力候補とされているイ・ジェミョン(画像出典:SBS公式FaceBook)

今回の”師匠”であるイ・ジェミョンは、2022年3月9日に行われる予定の次期大統領候補に名乗りを上げている一人で、最有力候補と言われている。1964年生まれの56歳(日本年齢)、慶尚北道生まれで、小学校を卒業後少年工として工場で働きながら中学・高校の卒業資格を取り、大学卒業後は弁護士となり労働者を助け、京畿道知事にまでなった苦労人だ。

今回の大統領選出馬表明では、候補者の中で唯一映像だけで出馬宣言、約14分の映像を労働者が見やすい早朝7時30分に、SNSやYoutubeを通して公開した。

この日、イ・ジェミョンと番組レギュラー陣がフルーツを分け合って食べていると、メンバーのヤン・セヒョンが「私が4年前にお会いした時は黒髪でしたが、今は白髪ですね。もしかして、コンセプトがあって白く染められたんですか?」と質問する。

イ・ジェミョンは「国家と民族のために悩んでたから‥ではなくて、染め粉の色が変わったんです。もともと私はほとんど白髪でして。あまりにも白くて悩んでいた時に美容院に行ったのですが、その時私がうっかり寝てしまい‥目が覚めたら紫色になってて。2日経ったら灰色になったんです」と説明。

ヤン・セヒョンが「確かに黒髪の時よりも、今はフランク(なイメージ)に見えますね。黒髪の時はもっと強くて、ギラギラした感じがありましたよ」と返すと、「その時は少しコンセプト的な面がありました。挑戦者的な」と語る。しかし、これを聞いていた俳優のユ・スビンが「だけどもう髪を染めるのはおやめになった方が‥。頭皮が赤いですよ」と心配して見せた。

するとイ・ジェミョンは、自身は両親から受け継いだ財産があると切り出す。

「私は両親から良い遺産を受け継ぎました。まず肌質が良い。ほくろ1つない。そして髪の量が多いんです」と自慢し、イ・スンギは「なんだか‥ビューティーインフルエンサーみたい」と鋭いツッコミを入れて笑いを誘った。

イ・スンギが鋭いツッコミを入れた

鋭いツッコミを入れたイ・スンギ(画像出典:『イ・スンギのチプサブイルチェ~師匠に弟子入り』キャプチャー)

『イ・スンギのチプサブイルチェ~師匠に弟子入り』は、俳優のイ・スンギを中心に、コメディアンのヤン・セヒョン、格闘家のキム・ドンヒョン、俳優のユ・スビンらが、毎回人生の大先輩の元を訪れて教えを請うリアルバラエティー。毎週日曜日18時30分から韓国で放送されている。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース