最近、”やらせ疑惑”で非難が殺到している韓国のバラエティー番組『妻の味』。過去にモデルのヨンアが、同番組の出演を断った理由が再注目されている。

日本を拠点に活動を行っている韓国出身のモデル ヨンアが、過去TV Chosunの夫婦観察バラエティー番組『妻の味』の出演提案を断った理由が再注目されている。

過去『妻の味』の出演提案を断ったヨンア

ヨンアが過去『妻の味』の出演提案を断った理由とは(画像出典:ヨンア Instagram)

“ヨンア”は日本での活動名で、本名はキム・ヨンア。1985年生まれの36才(日本年齢)で、2002年から2003年まで韓国で放送されたMBCドラマ『ノンストップ3』に出演して名前を広めたのち、2004年に日本のファッション雑誌のモデルにスカウトされ本格的に日本での活動を初めた。

20代から30代の女性層からの支持が厚く、多数のファッション雑誌をはじめ、コマーシャル出演、ショーイベントへの出演など幅広い活動を見せ、日韓で高い人気を集めている。

そんな彼女は、2019年2月に自身のインスタグラムに『妻の味』の出演を断った事実を知らせ、「日本での日常をお見せできると思い、出演することにしましたが、制作サイドから突然ゴージャスな暮らしぶりを見せるよう勧められ、そのような人生を歩んでいないのに、どうやってお見せようかと考えた結果、出演しないことにしました」と伝えたことがある。

当時、『妻の味』の制作側はヨンアの番組出演を発表し、「ヨンアが熟慮のすえ、夫で実業家の芝幸太郎さんと共に『妻の味』に出演することになりました。番組を通じて初めて公開される国際カップルの東京での生活や、華やかで率直なトークを繰り広げるスタジオ出演に至るまで、期待してください」と知らせていた。

番組出演依頼を断ったヨンアの発言は、同番組に出演しイメージ操作疑惑で論議になっている女優ハム・ソウォンと重なり、TV Chosunの番組コンセプトに対して批判が相次いでいる。

ハムソウォンと夫が論議になっているイメージ操作疑惑

イメージ操作疑惑で論議になっている女優ハム・ソウォンと夫(画像出典:ハム・ソウォン Instagram)

中国に活動拠点を移しているハム・ソウォンは、番組の中で中国のラグジュアリーな新居、4億ウォン(約4,000万円)台のスーパーカーに乗って出勤する夫の姿、100人ほどの従業員がいる工場を所有している夫の姿などが放送されて注目を集めた。しかし、新居や夫の経歴、私生活が偽りではないかと多くの疑惑が浮上した。

(関連記事)中国セレブは操作?人気リアリティー番組で「嘘つき疑惑」が浮上した韓国女優

『妻の味』側は4月8日、公式コメントを通じて「『妻の味』は全ての出演陣と撮影前にインタビューをし、そのインタビューに基づいてエピソードを整理したのち、撮影することを原則にしています」と説明。

続けて「ただし、出演者の財産やその他プライベートに対してはプライバシーの問題に関わるため、事前に制作スタッフが確認するには限界があります」とし、「ハム・ソウォンさんと関連した一部のエピソードに誇張された演出があったことを把握しました。視聴者の皆さんの指摘と批判を謙虚に受け入れ、『妻の味』は13日を最後にシーズンを終了することに決めました」と伝えた。

ハム・ソウォンもまた、インスタグラムを通じて「誇張された演出のもとで撮影しました。皆さん、私が間違っていました。『妻の味』に迷惑をかけたくなかったので、自主的に降板の意思を明らかにしました」と、事実上”やらせ”があったことを認めた。

『妻の味』の制作スタッフとハム・ソウォンが謝罪を伝えたものの、ヨンアの発言が再び注目されたことで、「やらせは以前からあったようだ」「放送を楽しく見ていたのに、裏切られた思いだ」と、視聴者から番組に向けた非難が今もなお続いている。




最新ニュース

おすすめニュース