女優カン・ソラの突然の結婚発表により、過去に恋人関係であったヒョンビンとの出会いから決別の流れと、”三角関係が疑われる噂”が再注目されている。果たしてその内容とは‥

女優カン・ソラが、突然結婚の便りを伝えた中で、ヒョンビンとチョン・ウソンにまつわる過去の噂が韓国の各種芸能媒体やブロガーなど、オンラインコミュニティーで再注目されている。

ドラマ『ミセン 〜未生〜』(2014)、映画『サニー 永遠の仲間たち』(2011)などの名作に出演して名前が知られているカン・ソラは、8月17日、自身のファンカフェを通じて「久しぶりにファンの皆さんにご挨拶しますね。私、カン・ソラは8月末に結婚することになりました。今後の人生を共にしたい人と出会えて、このような文章で便りを伝えることになりました」と結婚を発表し、カン・ソラの所属事務所側も公式コメントを伝えた。所属事務所によると、一般人である新郎と両家の家族を配慮して非公開でアットホームな挙式を行うという。

女優 カンソラ

女優 カン・ソラ(画像出典:カン・ソラ Instagram)

カン・ソラの結婚の便りが伝えられると、ヒョンビンとチョン・ウソンにまつわる”三角関係が疑われる噂”が密かに注目を集めることに。

カン・ソラとヒョンビンは、2016年から2017年に1年余りの公開熱愛をしたことがある。当時放送されたケーブルTV Eチャンネル 芸能情報番組『勇敢な記者たち』で、ある記者が「ヒョンビンさんとカン・ソラさんが熱愛を認めました」と口を開くと、別の番組出演者が「カン・ソラさんはチョン・ウソンさんと付き合っているのでは?」と尋ねたことで、”三角関係”が疑われることになったのだ。

カンソラに三角関係の噂が

カン・ソラに三角関係の噂が?(画像出典:勇敢な記者たち キャプチャー)

だが、真相はこうだった‥

当時、FA(フリーエージェント / いずれの事務所とも契約を締結できる権利を持つ俳優。自由契約を指す)状態であったカン・ソラ。

20代の人気女優が少なかった韓国芸能界では、カン・ソラを欲しがる所属事務所が多かった。その中の一つにチョン・ウソンとイ・ジョンジェが設立した所属事務所Artist COMPANYがあった。同事務所の代表だったチョン・ウソンが、カン・ソラに直接会って交渉をしたものの、残念ながら意見が一致せず招き入れることは出来なかった。

また、ヒョンビンの所属事務所もカン・ソラを迎え入れるため、会社の設立者であったヒョンビンがカン・ソラとのミーティングを進めた。その時ヒョンビンがカン・ソラに一目惚れし、恋人に発展したという。だが、カン・ソラはヒョンビンの所属事務所にも移籍せず、彼女の従姉妹が設立した1人企画会社に移ることになった。

これに、前述した番組出演者は「ヒョンビンさんとカン・ソラさんは、本当に付き合っているのですか?」とし「チョン・ウソンさんとカン・ソラさんが、一緒に家具を見に行ったという目撃談もあったようです。家具というと何か特別な理由があると思うのですが‥」と反論すると、番組司会者が「もしその目撃談が本当だとしても、それには何か事情があったのでしょう。あなた以外、世の皆さんがヒョンビンさんとカン・ソラさんの交際を知っています」と、三角関係の噂を一蹴した。

それぞれの事務所にカンソラを迎えようとしたチョンウソンとヒョンビン

それぞれの事務所にカン・ソラを迎えようとしたチョン・ウソンとヒョンビン(画像出典:勇敢な記者たち キャプチャー)

一方、カン・ソラとヒョンビンは、交際から約1年後に「互いに忙しいスケジュールによって自然に決別した」と公式的に決別を認めて先輩・後輩の間柄に戻った。2人は恋人だった時も相手の活動を配慮し、メディアから投げ掛けられるプライベートに関する質問には徹底的に線を引いていた。

これまで数人との熱愛説が浮上したことのあるヒョンビン。だが、報道に誤りがあるとキッパリと強力に否定し、誠実さを見せてきた。作品活動では興行を認められ、私生活や芸能活動では神秘感を維持しているため、どのような推測にも振り回されることなく、ほとんどの熱愛説は傷にもならないほどだと言われている。


『勇敢な記者たち』ヒョンビン、カン・ソラ、そしてチョン・ウソンの複雑な関係(動画出典:Youtube 티캐스트 tcast)