2013年、韓国で旋風を巻き起こしたクレヨンポップの『Bar Bar Bar(빠빠빠)』をRewind! デビューから『Bar Bar Bar』で人気アイドルになった当時のエピソード、そして『ももいろクローバーZ』のコンセプト盗用疑惑を一挙ご紹介!

ヘルメット姿に”直列5気筒ダンス”と呼ばれる、一風変わった振り付けで一世を風靡したCRAYON POP(クレヨンポップ)。2013年にリリースしたシングル『Bar Bar Bar(빠빠빠)』は、当時韓国中で大流行し、知らない人はいないほどの人気ぶりだった。

CRAYON POP

5人組ガールズグループCRAYON POP(画像出典:CRAYON POP公式FaceBook)

今回はそんな『Bar Bar Bar』ブームを生み出したCRAYON POPを振り返る。

CRAYON POPとは?

2012年1月にCRAYON POPの前身となる”ハリケーンポップ”というグループ名で中国での活動を始め、脱退したメンバー(セラン)の代わりに、チョアの双子の妹ウェイが加入し、CRAYON POPが誕生した。グンミ、エリン、チョア、ウェイ、ソユルの5人組ガールズグループだったが、2017年にソユルが脱退し、4人組になった。

CRAYON POPのメンバー

左からグンミ、ソユル、チョア、ウェイ、エリン(画像出典:CRAYON POP公式FaceBook)

リーダーのグンミは、21歳の時に歌手になるためオーディションを受けようとしていた際、父親が病気で倒れしまったため働きながらダンススクールに通い、父親の病状が回復してから改めてオーディションを受けデビューが決まったという苦労人だ。現在はクライミックスエンターテインメントと契約を結び、女優ソン・ボラム(本名)としても活動中だ。

チョアとウェイは、前述どおり双子の姉妹で、2017年にはホ・ミンジンとホ・ミンソンという本名で一緒に歌ったクリスマスキャロル『Christmas for you』をリリース。現在チョアはウィズエンターテインメント、ウェイはCreative光と契約を結び活動している。

エリンは、2018年から映像配信サービス”アフリカTV”で有名売れっ子BJに。また最近ではインスタグラムなどでも近況をよく伝えている。

ムン・ヒジュンと結婚したソユル

元祖アイドルグループH.O.T.のメンバー ムン・ヒジュンと結婚したソユル(写真提供:©スポーツ韓国)

また、元メンバーソユルは、2017年に元祖アイドルグループH.O.T.のメンバー、ムン・ヒジュンと電撃結婚。初のアイドルカップルが誕生したと話題になったが、その3ヶ月後に出産したという知らせには、ネットユーザーたちの批判が殺到し、CRAYON POPの解散説まで流れる騒動となった後、脱退を発表した。最近まで家族でバラエティー番組『スーパーマンが帰ってきた』に出演していた。

『Bar Bar Bar(빠빠빠)』MVエピソード

CRAYON POPのメガヒット曲『Bar Bar Bar(빠빠빠)』のミュージックビデオは3種類制作されている。

1つ目のミュージックビデオは、当時、事務所の社長が自らカメラで撮影。街の不良少女、正義の味方のような少女たちがアイドルを目指しているストーリーで制作された。

ヘルメットが出てくるシーンは、実際にヘルメットを買った場所で、当時2つ線の入ったヘルメットを探していたが見つからず。そのため、塗色してもらえないかとお願いしたができないと言われ、結局ビニールテープで対応。その後、楽曲がヒットするやいなや、2本線入りのヘルメットが作られたそうだ。

しかし、この自主制作のミュージックビデオを見たファンから、これはミュージックビデオじゃないと厳しい声が上がり、もう一度ミュージックビデオらしいものを撮ったのだが、それが最も有名なミュージックビデオだ。


CRAYON POP『Bar Bar Bar(빠빠빠)』Story Ver.MV(動画出典:POP CRAYON)

2つ目のMVはダンス主体で構成されている。ソウルにある合法廃墟遊園地”ヨンマランド”で撮影されたのだが、真夏に撮影されたため、衣装が汗でびっしょり濡れてしまい、カットがかかるたびにエアコンのついた車中に駆け込んだそうだ。

遊園地にある遊具は動かなかったので、自分たちの手で動かしている様子が画像に収められている。重すぎるため、動いてもすぐに止まってしまい、カットの連続でかなり大変だったようだ。

しかし本人たちが何よりも大変だったと語ったのは、自分たちのダンスを見ながらスタッフが笑いをこらえていたこと。スタッフたちが笑いをこらえきれず、裏で笑っている様子に、自分たちはそんなにおかしいのかと恥ずかしかったそう。


CRAYON POP『Bar Bar Bar(빠빠빠)』ダンスVer.MV(動画出典:POP CRAYON)

そして楽曲がヒットした後、3つ目のミュージックビデオが制作された。今度はグローバルバージョンだ。歌もリミックスして少し変化を付けている。ソウルオリニ大公園や漢江で撮影が行われたが、その頃はすでにCRAYON POPは誰もが知っている有名人であり周りに気づかれたが、そのまま撮影は続行され、市民の人々の姿もそのまま収められている。

また浮かぶ風船の中にウェイの顔が入っているシーンがあるのだが、当時ウェイがファンから付けられたあだ名の中に、”風船ウェイ”というものがあったため、ミュージックビデオでも取り入れられたそうだ。

そして、このミュージックビデオの制作費がたった38万ウォンだったという話については、1つ目のミュージックビデオ制作費の話で、2つ目、3つ目(ソニー制作)もそこまで多くはかかっていないということが真実だっだ。


CRAYON POP『Bar Bar Bar(빠빠빠)』Global Ver.(動画出典:Danh Nguyen Minh)

議論(ももクロコスチュームコンセプトを盗んだ?)

CRAYON POP

(画像出典:CRAYON POP公式FaceBook)

2013年8月頃、CRAYON POPの特徴とも言えるヘルメットの衣装やゼッケン、振り付けなどが、日本の人気ガールズグループ、ももいろクローバーZのコピーではないかと議論が巻き起こった。

模倣疑惑を提起するために作られた画像(画像出典:ナムウィキ)

CRAYON POP

ももクロの衣装をパクったのではないかと言われたクリスマスツリーデザインの衣装(写真提供:©スポーツ韓国、画像出典:Chrome Entertainment)

主に指摘されたのが、パフォーマンス開始ポーズ、ヘルメットやトレーニング服の着用、戦隊風色配分、クリスマスツリー衣装など。一部のファンからは、ももいろクローバーZではなく、当時人気アイドルグループの”T-ARA”をオマージュしたとの意見も多い。
所属事務所は模倣疑惑について一貫して否定したが、ネットユーザーの間ではしばらくこの騒動は続いた。