俳優のチョン・ウソン、カン・ドンウォン、EXOのチャニョルと多くの芸能人が絶賛する、韓国の新作映画に話題が集まっている。人々を魅了するその作品とは。

俳優のチョン・ウソン、カン・ドンウォン、そしてボーイズグループEXO(エクソ)のメンバー、チャニョルが、韓国で封切りされたばかりの新作映画を推薦し、話題になっている。

彼らが推薦した作品は、俳優キム・デミョンが主演を務めた映画『石ころ(原題)』(キム・ジョンシク監督)。

キム・デミョン主演、映画『石ころ(原題)』

映画『石ころ(原題)』(画像出典:キム・デミョン公式Instagram)

『石ころ』は、平和な田舎町で精米所を運営している8歳の心を持つ30代青年のソック(キム・デミョン)が、予期せぬ事件によって犯罪者として追い込まれ、彼の世界が崩れてしまう話を描いた作品だ。

劇中、ソックをはじめ、ソックと友達になる家出少女ウンジ(チョン・チェウン)、ウンジを保護していた憩いの場のキム先生(ソン・ユナ)、ソックの世話をしていた聖堂のノ神父(キム・ウィソン)らがストーリーをリードしていく。彼らが描いた温かくも酷であるソックの人生は、観客に対して様々な感情を届けている。

映画『石ころ(原題)』出演者

映画『石ころ(原題)』で共演した俳優陣。左から俳優のキム・ウィソン、キム・デミョン、女優のソン・ユナ(画像出典:キム・デミョン公式Instagram)

マスコミ向けの試写会が終わるやいなや、キム・デミョンをはじめ女優のソン・ユナ、名俳優キム・ウィソンの繊細で確かな熱演、そして映画の持つ強烈なメッセージに対し、会場は賛辞があふれ出ていたという。

キム・デミョンは本作について「幼い頃、友達とケンカした時や大人たちに叱られた時、嬉しかった時のことを思い出しながら”ソック”を演じた」とし「『石ころ』撮影の時の記憶は特に忘れられず、どの瞬間も今でも鮮明に覚えてる」と語っている。彼はどの作品でも優れた演技力を披露している実力派俳優だ。『石ころ』ではどのような姿を見せるのか期待が集まっている。

また、共演したソン・ユナは「みんなが一度は考えて共感してほしい。私たちが見守るべき私たちの話だという点に深く共感した。その響きを観客と一緒に分かち合いたい」と話し、感動とともに考えるべきテーマがあることを伝えていた。

このように多くの感情とテーマを届けた映画『石ころ』は、キム・デミョンの親友であるチョ・ジョンソク、ユ・ヨンソク、チョン・ギョンホ、チョン・ミドらが作品を推薦する映像を伝えて関心を高めたのに続き、今回はチョン・ウソン、カン・ドンウォン、チャニョルから称賛が届き、さらに話題を呼んでいる。

チョン・ウソン、カン・ドンウォン、EXOチャニョル

推薦コメントを寄せた俳優のチョン・ウソン(上)、カン・ドンウォン(下段左)、EXOのチャニョル(下段右) (画像出典:キム・デミョン公式Instagram)

まずチョン・ウソンは、観客たちの安全を願う言葉と俳優たちの熱演を挙げ「人生で起こりうる、ひとつの苦い事件の中で、一緒に暮らしている人々の共感と信頼を持ってそれを乗り越えていこうとする温かな感性を皆さんに伝えようとしている映画です」と作品の魅力を伝えた。

カン・ドンウォンは「キム・ウィソン先輩が久々に悪役ではなく善良な役だったのでとても良かった」という冗談とともに「大きな感動がある映画です。その感動を感じて欲しいです」と称賛と推薦を惜しまなかった。

最後にチャニョルは「淡々としながらも胸を打つ感動があり、その重さがとても印象深い映画だった」と、映画『石ころ』の持つ力を伝えていた。

一方、映画『石ころ』は10月15日より韓国にて公開中だ。

(関連動画)EXO チャニョルら 映画’石ころ’ 推薦メッセージ映像