日本でハマってしまう人が続出した、SBS(Netflix)ドラマ『その年、私たちは』。主演を務めたのは、『梨泰院クラス』で大ブレイクを果たしたキム・ダミと、映画『パラサイト 半地下の家族』チェ・ウシクだ。そんな2人が、以前共演した映画『The Witch/魔女』はドラマとは違う世界観の2人が見られるので、ぜひ鑑賞してもらうべくここで紹介したい。

SBS(Netflix)ドラマ『その年、私たちは』の面白さに、ハマってしまう人が続出したという。

チェ・ウシク&キム・ダミ主演ドラマ『その年、私たちは』

チェ・ウシク&キム・ダミカップルに癒された日本の視聴者が続出した『その年、私たちは』(画像出典:SBS)

JTBC(Netflix)ドラマ『梨泰院クラス(2020)』で、主人公と共に苦境を乗り越えていくパートナー、チェ・イソ役で大ブレイクを果たしたキム・ダミと、映画『パラサイト 半地下の家族(2019)』で身分を偽り、裕福な家庭に入り込む一家の長男を演じたチェ・ウシクが主演を務め、放送前から注目度は抜群だったが、予想を上回るほどの好評を得たようだ。

高校時代に出会いカップルとなった男女。やがて最悪の別れが訪れ、社会に出て不本意ながら再会を果たす。そんな2人の10年間を、テンポよく描いたストーリーは多くの共感を呼び、また自然体の演技が視聴者の心を掴むことに成功した。

本当に付き合ってるのでは? と思わせるほどお似合いの2人

本当に付き合ってるのでは? と思わせるほどお似合いの2人!(画像出典:SBS)

実はキム・ダミとチェ・ウシク、過去に映画で共演経験があり、キム・ダミは『その年、私たちは』のオファーを受けた際、相手役がチェ・ウシクと聞き出演を快諾したほど深い絆があるのだとか。今回はそんな2人の過去の共演作品、映画『The Witch/魔女』(2018)』を紹介しよう。これから『その年、私たちは』を見る人も、既に見た人も押さえておきたい一作だ。

(関連記事)キム・ダミ『その年、私たちは』はチェ・ウシクとだからできた作品

『The Witch/魔女』は少女を主人公にした本格バトルアクション

倍率1,500倍というオーディションを勝ち抜き、『The Witch/魔女』の主人公の座を手に入れたキム・ダミ。

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

『The Witch/魔女』((C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved)

幼い頃から女優を目指してきた彼女の初主演映画は、300万人の観客動員を記録するスマッシュヒットとなった。

女子高生のジャユン(キム・ダミ扮)は、8歳の時に生まれ育った特殊施設を脱走し、拾われた酪農家の夫婦の養女として平凡な日々を送っていた。貧しい家計を助けるため、賞金目当てで出演したテレビ番組で話題を集めたことから、ジャユンは謎の組織に追われることとなる。

身の危険が迫る中、彼女が失っていた幼少期の記憶が甦り始め、それと同時に自身の中に眠っていた特殊能力が覚醒していく。家族と親友を守るため、そして出生の秘密を暴くため、彼女は謎の組織立ち向かっていく。

ジユンは賞金目当てでテレビ出演しただけなのだが‥。

賞金目当てでテレビ出演したジユンだったが‥。((C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved)

本作は、韓国映画ではほとんど見られなかった”少女を主人公にした、本格的なバトルアクション”という、新ジャンルに挑んだ意欲作。ハードなアクションシーンを、新人だったキム・ダミが難なくこなし、画面一杯にその存在感を見せつけている。

この斬新な作品を生み出したパク・フンジョン監督は、Netflixシリーズ『イカゲーム(2021)』の主演で、世界から注目を集めたイ・ジョンジェ主演による大ヒット映画『新しき世界(2013)』や、チャン・ドンゴン、イ・ジョンソクなど、大物俳優が集結した『V.I.P. 修羅の獣たち(2017)』といった名作を手掛けたノワールの巨匠だ。

有名監督が、未知数の女優だったキム・ダミを主人公に起用することは、大きな冒険だったに違いない。そしてㅡ見事成功を収めた本作は、キム・ダミのキャリアを後押しする重要な作品となった。

チェ・ウシクは本作で新境地を開拓した

本作で新境地を開拓したチェ・ウシク。((C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved)

さて、本作には若手俳優として当時知名度が上昇中だったチェ・ウシクも出演。主人公と対峙する、ミステリアスな男という役どころに挑んだ。これまで、どこか憎めない三枚目を演じることが多かったチェ・ウシクだが、本作では悪の色気を漂わせ、新境地を開拓。

脚本を読んだ際「自分にできるか戸惑った」というほど、これまで演じてきた役柄と異なるキャラクターを、見事に演じ切っている。本作で新たな魅力を放ったチェ・ウシクにも注目してほしい。

少々ネタバレになるが、本作は続編を匂わせるエンディングが大きな反響を呼んだ。続編の制作は発表されているものの、詳細や公開日は未公表となっている。

(関連記事)第2のキム・ダミになれるか‥映画’魔女2’主人公は新人俳優シンシア

『その年、私たちは』とは違った雰囲気の中で、それぞれの役柄を演じて見せる2人の姿も魅力的だ。

映画『The Witch/魔女』予告編(動画出典:YouTube シネマトゥデイ)






[su_spacer size=”30″]

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs