韓国映画『パラサイト 半地下の家族』で、裕福な一家の長女を演じた女優のチョン・ジソが、日本映画の韓国リメイク版に主役としてキャスティングされたと、韓国メディアが報じている。抜擢理由には、抜群の演技力に加え、驚くべき歌唱力があるからだと言われているようだ。

韓国映画『パラサイト 半地下の家族(2019/以下、パラサイト)』で、富裕層パク家の長女、パク・ダヘ役を演じたチョン・ジソが、日本映画『タイヨウのうた(2006)』をリメイクした、韓国映画のヒロインに選ばれたと、韓国メディアが報じている。

『パラサイト』(上)、ドラマ『謗法~運命を変える方法~』で、卓越した演技を見せたチョン・ジソ

映画『パラサイト』(上)、ドラマ『謗法~運命を変える方法~』などで、卓越した演技を見せたチョン・ジソ。(画像出典:movie.naver、tvN)

『タイヨウのうた』は、天川彩の同名小説が原作の作品。日が暮れるとストリートライブをする少女、雨音薫(YUI扮)が、平凡な少年の藤代孝治(塚本高史扮)と出会い、恋に落ちていく。ある病から、夜しか活動できないミュージシャンの少女と、彼女に出会った少年の純愛を描いたラブストーリーだ。

続きを読む

Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs