来る4月に公開が決定した、コン・ユとパク・ボゴムが主演を務める映画『徐福(ソボク)』。公開に先立ち、Youtube(ユーチューブ)ではコン・ユがアテンドする”徐福の取扱説明書”映像が公開され、多くの話題を呼んでいる。(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

コン・ユ&パク・ボゴムの2大トップスターが主演を務めることで大きな話題を呼んでいる映画『徐福(ソボク)』。
収束の兆しを見せない新型コロナウイルスの影響で公開延期を余儀なくされていたが、ようやく大衆の元へと届けられることになった。

来る4月15日に、韓国にて、映画館とオンライン動画サービス”TVING”で公開が決定した『徐福』。
ひと足早く魅力をお届けするべく、Youtube(ユーチューブ)にて、コン・ユがアテンドする”徐福の取扱説明書”なる映像が公開された。

『徐福』は、人類初のクローン人間”徐福(ソボク)”を守るという生涯最後の任務を背負うことになった、元情報局要員キホン(コン・ユ)が、徐福(パク・ボゴム)を手に入れようと企てる勢力から追跡され、予期せぬ状況に巻き込まれるストーリーを描いた作品だ。

コン・ユの活躍が楽しみである映画『徐福』は、ようやく公開日が決定した

ようやく公開日が決定した映画『徐福』。コン・ユの活躍が楽しみだ(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

キャラクター映像のナレーションに参加し、劇中のキャラクター紹介をした徐福(以下、ソボク)役のパク・ボゴムに続き、今回はキホン役のコン・ユが”ソボクの取扱説明書”映像のナレーションを担当。人類初のクローン人間ソボクと共にするために知っておくべきコツを伝授している。

まず人見知りするソボクとの初対面について。
「(会えて)嬉しい」と握手を交わすキホン(コン・ユ)に、「ミン・キホンさん?」と聞き返すソボクの中毒性ある独特な話し方が、これまで見たことのない新鮮なキャラクターの登場を予感させた。

初めて食べるカップラーメンにすっかりはまってしまい、3個完食したにもかかわらずもっと欲しいとおぼろげな視線を送るソボクと、それに当惑するキホンの表情も見ものだ。
また、時を選ばない質問攻撃や揚げ足を取るかのような言葉を返すソボクに頭を悩ますキホンの姿は、事あるごとにぶつかる”2人の予期せぬ同行”がどのように成し遂げられるのか、観客の興味を誘っている。

さらに、これまで実験室でスクリーンに映った海だけを眺めていたソボクが、初めて本物の海に向き合ったシーン。
「ソボクがあなたに何かをしてあげます」という言葉と共に、涙を流すキホンを慰めるソボクの姿は、いつの間にか距離が近づいた2人の関係を感じさせた。

ソボクとキホンが観客に届けるのは壮絶なSFアクションだけでなく、これまで描かれてきたブロマンスとは異なる”感性的なロマンス”も期待して良さそうだ。

パク・ボゴムの魅力がさく裂している、映画『徐福』

映画『徐福』ではパク・ボゴムの魅力がさく裂している(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

それぞれが演じたキャラクターは、映画『徐福』で初めて披露したものではあるが、なぜか過去に出会ったことのあるようなノスタルジックな気分を誘う。

それはソボクが披露した、純粋、いや無垢とでも言おうか、真っ直ぐで曇りのない視線と表情が理由ではないだろうか。
ソボクが出会っていくすべてのことが彼にとってはほぼ初めてのものであり、それに対し目を輝かせながらも真剣な表情を見せている。その素直さから発展していく埒が明かない会話は、まるで幼い子と接してるかのような、何とも言えない愛らしい姿が垣間見える。

無垢であるソボクと、人生における光と影をすべて知っているかのようなキホンの対極的な存在感。これと共に描かれている、お互いを理解していく姿。これらをSFアクショと融合させ、観客にどのような感動を届けてくれるのだろうか。公開が待ち遠しい。


徐福の取扱説明書(動画出典:영화광고예고편CINEMACF YouTube)

(関連記事)コン・ユはプロの守護神!『徐福(ソボク)』以前に彼が必死に守ってきたもの



コン・ユ

マネジメントSOOP所属の俳優コン・ユ(ハングル 공유)。1979年7月10日生まれ。

“コン・ユ”という芸名は両親の苗字から付けられたもので、本名は、コン・ジチョル。

2000年、Mnet VJ 7期として芸能界にデビューしたコン・ユは、2001年KBSドラマ『学校4』を通じて演技者としてデビュー。

2007年、日本でも人気を博したドラマ『コーヒープリンス1号店』が大ヒットし、この年MBC演技大賞で優秀賞を受賞。当ドラマは、コン・ユの出世作となった。

コン・ユ プロフィール&記事(113)

人気ニュース

コン・ユ 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース