韓国の人気俳優 ユン・サンヒョンと妻メイビーが、SBS『同床異夢2』に出演した。今年48歳となったユン・サンヒョンは妻と3人の子どもたちと一緒にリーズ時代を辿る旅へ出たが..

‘韓国の木村拓哉’ことユン・サンヒョンが、思い出の場所を訪れ追憶に浸る姿が公開された。

子宝に恵まれたユン・サンヒョン

子宝に恵まれたユン・サンヒョン(画像出典:ユン・サンヒョン インスタグラム)

6日に放送されたSBSのバラエティー番組『同床異夢2』では、人気俳優のユン・サンヒョンの特集が組まれ、同番組にユン・サンヒョン夫妻が久々に登場。彼のリーズ(*)時代の思い出の場所を探す旅に出た。

(*リーズ:人生の全盛期、絶頂期という意味。主にルックスやスタイルが良かった若い時期を振り返る際に使われる言葉)

また、あっという間に大きく成長した子どもたちと一緒に過ごしている近況を伝えている。

ユン・サンヒョンは1973年生まれで、今年48歳。彼の妻で歌手のメイビーは1979年生まれで、ユン・サンヒョンの6歳年下だ。

2015年に結婚した2人は、同年に長女を設ける。そして2017年に次女、翌2018年には息子と、3人の子宝に恵まれている。

40代という決して若くない年齢で父親となったユン・サンヒョンは、次回作の準備のため台本を読んでいると「遊んでほしい」という子どもたちのリクエストで時間を奪われるシーンも。彼は「台本を読んでいるうちに昔に戻りたくなった」とし「ドラマのようにね。かつてのリーズ時代に戻りたいな‥」と話した。

ユン・サンヒョンの渇望(?)に対し、妻メイビーは「パパは今もリーズだよ」と慰めながら、彼の歯に挟まっている胡麻の粒を取ってあげる。すると、妻の優しいリップサービスに「若い頃は、こんなパンを食べても胡麻の粒なんて歯に挟まったことないのにな‥」と、広がった歯の隙間で改めて年齢を実感する落胆ぶり。

俳優ユン・サンヒョン夫婦

SBS『同床異夢2』に出演した俳優ユン・サンヒョン夫婦(写真提供:©スポーツ韓国 出典:SBS 同床異夢2スクリーンショット)

そしてユン・サンヒョンは、妻と3人の子どもたちと一緒にリーズ時代を辿る旅へ出ることに。20代の時に経営していた食堂や、ドラマ『僕の妻はスーパーウーマン(原題:内助の女王/2009)』と『シークレットガーデン(2010)』のロケ地などを巡りながら、戻れない”リーズ”時代を回想した。

特に、経営していた食堂については「最も記憶に強くて、愛着がある場所」と話し「自分の力で立ち上げた店だ。若い頃、根性一つで踏ん張っていた」と付け加えた。

かつてそのルックスから”韓国の木村拓哉”と称され、世の女性にちやほやされていた俳優ユン・サンション。今や一家の大黒柱として、妻子たちにちやほやされるユン・サンヒョンパパとなった。家族とともに幸せを作り上げていく今こそが、真の”リーズ”ではないだろうか。