• 今韓国では週末に、各テレビ局の自信作が集中しています。
  • 特に5月スタートの新作ドラマは個性豊かでどれも魅力的。韓国の視聴者はどの作品を観ようか迷っているようです。
  • 視聴者を悩ませるほど魅力溢れるドラマのあらすじと見どころ、日本配信情報をお届けします。

今韓国では週末ドラマに精鋭作品が集中し、視聴者が嬉しい悲鳴をあげています。

平日ドラマの視聴率が低迷している昨今、各テレビ局が数字の獲得を見込める週末に、視聴者から高い支持を得ると予想される自信作を編成するようになったから。

曜日だけでなく放送時間まで重複しているうえに、今期は各局テイストの異なるものが勢揃い。それぞれに良さがあり、どれを観ようか迷ってしまう人が多いようです。

そこで本記事では、視聴者を悩ませるほど魅力溢れる韓国で現在放送中の週末ドラマを4つご紹介。

韓ドラファンにとって気になる、日本配信情報もお届けします。

 

卒業 (tvN/2024)

1作目は、U-NEXTで配信中の『卒業』です。

物語は、塾のスター講師ソ・へジンと、彼女の元教え子で新人講師イ・ジュノが再会して繰り広げるトキメキたっぷりのロマンスストーリー。

師弟関係だった年齢差のある男女がどのように惹かれ合っていくのか、14年前の教え子が大人の男性になって現れた時のヒロインの心情や、恩師に真っ直ぐ自分の想いを伝えるイ・ジュノの姿が見どころの1つになっています。

演出は、年上女性と年下男性の恋愛を描いたヒット作『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』(JTBC/2018)を手掛けたアン・パンソク監督。本作同様、『卒業』でも登場人物の感情を繊細に表現し、観る者を物語に引き込んでいます。

●出演:チョン・リョウォン、ウィ・ハジュン他

画像出典:tvN
卒業
ロマンス
tvN/2024/全16話

あらすじ

私教育市場の代名詞"大峙洞(テチ洞)"を舞台に、塾講師たちの物語を描いたロマンスドラマ。

キャスト

チョン・リョウォン、ウィ・ハジュン、ソ・ジュヨン 他

最高視聴率・受賞歴など

-

口コミ

-

予告映像


動画出典:U-NEXT韓流・アジア公式

コネクション (SBS/2024)

2作目は、残念ながら現段階で日本での配信は未定の『コネクション』。

ある人物によって麻薬中毒にされた麻薬チームのエース刑事が、高校時代に50億ウォンという保険金を残してこの世を去った友人の死を追う過程で分かった異質な友情、そしてそのコネクションの顛末を描いた犯罪スリラーです。

目の離せないサスペンスと物語をより一層盛り上げるじりじりする心理戦、計算されつくした伏線が大きな視聴ポイント。

主演を務めるチソン&チョン・ミドの熱演はさることながら、クォン・ユル、キム・ギョンナム、ムン・ソングン、ユン・サボンなど錚錚たる役者陣の個性溢れる演技にも、早くも称賛の声が届いています。

●出演:チソン、チョン・ミド他

画像出典:SBS
コネクション
サスペンス
SBS/2024/全16話

あらすじ

ある人物により、強制的に麻薬中毒にされた麻薬チームのエース刑事が友人の死を手がかりに20年間続いた異質な友情、そのコネクションの顛末を明らかにするサスペンスドラマ。

キャスト

チソン、チョン・ミド、クォン・ユル、キム・ギョンナム、チョン・スンウォン 他

最高視聴率・受賞歴など

-

口コミ

-

予告映像


動画出典:SBS Catch

我が家 (MBC/2024)

3作目は、本作も日本配信に関する情報がまだ発表されていない『我が家』。

自他ともに認める韓国最高の家庭心理カウンセラーである主人公が、正体不明の脅迫犯から自身のキャリアと家庭を脅かされ、推理小説作家の義母と共に家族を守ろうとするヒューマンブラックコメディーです。

第1話から義父の死に続き実父の自殺に義父が関連している事実を知る主人公の姿が描かれ、緊張感とスピード感溢れるストーリーが繰り広げられている本作。

第2話では夫の不倫まで明らかになり、衝撃と驚愕の連続に視聴者は一時も目を離すことができない状況です。実力派俳優たちのケミストリーと、観る者の関心を刺激する展開が話題を呼んでいます。

●出演:キム・ヒソン、イ・へヨン他

画像出典:MBC
我が家
ヒューマン/ブラックコメディ
MBC/2024/全12話

あらすじ

自他ともに認める韓国一の家庭心理カウンセラーが正体不明の脅迫犯に自身のキャリアと家庭を脅かされ、推理作家の義母とともに家族を守るヒューマン・ブラックコメディ。

キャスト

キム・ヒソン、イ・ヘヨン、キム・ナムヒ、ヨヌ、クォン・ヘヒョ 他

最高視聴率・受賞歴など

-

口コミ

-

予告映像


動画出典:MBCdrama

ヒーローではないけれど (JTBC/2024)

最後は、Netflixで配信中の『ヒーローではないけれど』。

超能力を持って生まれたものの誰も救うことのできなかった男性が、ついに運命の女性を救い出すファンタジーロマンスです。

現代の荒波にもまれるうちに超能力を失ったかつてはヒーローだった家族と、偶然現れたある女性の物語が面白おかしく、時に切なく観る者に感動をプレゼントする1作。

ヒーローものといえば最近では、2023年に大成功を収めた『ムービング』(Disney+)が記憶に新しいですが、本作はどちらかといえばファンタジー要素は少なめで、共感ポイントが散りばめられています。

●出演:チャン・ギヨン、チョン・ウヒ他

画像出典:JTBC
ヒーローではないけれど
ファンタジー/ロマンス
JTBC/2024/全12話

あらすじ

生まれながらにして超能力を持つも現代病によって力を失った一家と不思議な女性との物語を描いたファンタジー・ロマンス。

キャスト

チャン・ギヨン、チョン・ウヒ、コ・ドゥシム、スヒョン、パク・ソイ 他

最高視聴率・受賞歴など

-

口コミ

-

予告映像


動画出典:Netflix Japan

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(944件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs