ナム・ジュヒョクとキム・テリが主演を務めるドラマ『二十五、二十一』が、6週連続で”ドラマTV話題性”1位を占めた。3月20日に放送された第12話は、ニールセンコリア基準で全国視聴率が10.7%を記録した。(記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

tvN(Netflix)『二十五、二十一』が、6週連続で”ドラマTV話題性”1位を記録した。

ナム・ジュヒョクとキム・テリ

ドラマ『二十五、二十一』で主演を務めるナム・ジュヒョク(左)とキム・テリ(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

3月22日、テレビの話題性分析機関であるgooddata(グッドデータ)コーポレーションが発表した、3月3週目の”ドラマTV話題性”ランキングによると、『二十五、二十一』が33.45のシェアを記録し、6週連続1位を占めた。

続きを読む

編集部おすすめ記事blank

こちらも投票お願いします!

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs