ナム・ジュヒョクとキム・テリが主演を務めるドラマ『二十五、二十一』が、6週連続で”ドラマTV話題性”1位を占めた。3月20日に放送された第12話は、ニールセンコリア基準で全国視聴率が10.7%を記録した。(記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

tvN(Netflix)『二十五、二十一』が、6週連続で”ドラマTV話題性”1位を記録した。

ナム・ジュヒョクとキム・テリ

ドラマ『二十五、二十一』で主演を務めるナム・ジュヒョク(左)とキム・テリ(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

3月22日、テレビの話題性分析機関であるgooddata(グッドデータ)コーポレーションが発表した、3月3週目の”ドラマTV話題性”ランキングによると、『二十五、二十一』が33.45のシェアを記録し、6週連続1位を占めた。

2位はSBS『社内お見合い』、3位はKBS2『紳士とお嬢さん』、4位はJTBC『気象庁の人々: 社内恋愛は予測不能?!』、5位はJTBC『39歳』、6位はTV朝鮮『結婚作詞 離婚作曲3』、7位はtvN『軍検事ドーベルマン』、8位はtvN『キルヒール』、9位はKBS1『太宗イ・バンウォン』、10位はKBS2『愛のクァベギ』と続いている。

また、ドラマ出演者話題性ランキングでは、『二十五、二十一』のナム・ジュヒョクとキム・テリが1、2位に名を連ねた。

blank

3月20日に放送された『二十五、二十一』の第12話は、ニールセンコリア基準で全国視聴率が10.7%を記録した。

『二十五、二十一』は、毎週土・日曜日の午後9時10分に韓国で放送される。

(TOPSTAR NEWS キム・ヒョジン記者)

TOPSTAR NEWS 提供
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。





ナム・ジュヒョク

モデルとして活動後、2014年ドラマ『インヨ姫』で俳優デビュー。

以降、ドラマ『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』(2016)『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』(2016)でバイプレーヤーとして活躍して頭角を現し、同年『恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ』では女優のイ・ソンギョンとダブル主演を務め、人気を博す。

ナム・ジュヒョク 最新記事はこちら(57)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs