イ・ビョンホンが出演し、大きな反響を呼んだ2001年公開の名作映画『バンジージャンプする』のリメイクプロジェクトが、白紙になったことが韓国メディアの韓経ドッドコムにより明らかになった。出演を確定していたNCTジェヒョンは『Dear.M』に続き、再び演技披露への機会が奪われてしまった。

イ・ビョンホンとヨ・ヒョンスが出演し、大きな反響を呼んだ映画『バンジージャンプする(2001)』のドラマ版リメイクの制作が、事実上中止となった。

主演ドラマが事実上制作中止となってしまったジェヒョン

主演ドラマが事実上制作中止となってしまったNCTジェヒョン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

出演が決まっていた、NCT(エヌシーティー)ジェヒョンの演技披露のチャンスが、再び奪われる形となってしまった。

韓国メディアの韓経(ハンギョン)ドッドコムは12月9日、カカオTVオリジナルドラマとして制作準備中だった『バンジージャンプする』のリメイクプロジェクトが「最近白紙になった」と報道。

これによると、カカオエンターテインメントは「制作の準備段階で、原作のシナリオ作家からリメイクに関して懸念の声が挙がった」と説明。そのため、シナリオ作家の信念や意見を尊重し、制作の中止を決断したという。

これに先立ち、リメイク版のキャストには、NCTのジェヒョンと俳優のイ・ヒョンウクが確定していた。ジェヒョンは、原作映画でヨ・ヒョンスが演じた男子学生イム・ヒョンビン役を、イ・ヒョンウクは、イ・ビョンホンが演じた高校教師、ソ・イヌを演じる予定だった。

映画『バンジージャンプする』は、亡くなった恋人のテヒ(故イ・ウンジュさん扮)が忘れられない高校教師のソ・イヌ(イ・ビョンホン扮)が、彼女と同じ行動をする学生のイム・ヒョンビン(ヨ・ヒョンス扮)に出会い、繰り広げられるロマンスを描いている。

映画『バンジージャンプする』

映画『バンジージャンプする』ポスター

同性愛を扱った破格的なラブストーリーということもあり、イ・ヒョンウクとジェヒョンのケミ(相性)にも注目が集まっていたが、2人の出会いは実現せず、楽しみにしていた視聴者は悲しみに暮れているという。

特にジェヒョンは、KBS 2TVドラマ『Dear.M』に出演し、既に撮影は終了している状態であるにもかかわらず、女優パク・ヘスの校内暴力疑惑により放送が無期限延期となっているため、ファンの嘆きは当然だろう。

TOPSTAR NEWS 提供
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

[su_spacer size=”30″]




編集部おすすめ記事blank

こちらも投票お願いします!

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs