SBSの新ドラマ『今、別れの途中です』が11月12日の初放送を控え、30秒の予告映像を公開した。これまでのドラマの予告映像とは違う手法ながらも、視聴者の心をがっちりつかんでいる。一体その理由とは? (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

『今、別れの途中です』。視聴者の胸を打つ濃厚なメロドラマがやってくる。

約5年振りのドラマ復帰となったソン・ヘギョと現在入隊中のチャン・ギヨン

約5年振りのドラマ復帰となった女優のソン・ヘギョと現在入隊中の俳優チャン・ギヨン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

2021年下半期最高の期待作、SBS新金土ドラマ『今、別れの途中です』(脚本:ジェイン、演出:イ・ギルボク、クリエーター:クルLine&カン・ウンギョン、制作:サムファネットワークス、UAA)が、11月12日に初放送される。『今、別れの途中です』は”別れ”と書いて”愛”と読む、甘くてしょっぱい、つらくて苦い別れをありのままに描いた作品だという。

ソン・ヘギョとチャン・ギヨンの共演が、放送前から話題を集めている。そんな中、10月12日『今、別れの途中です』の予告編がサプライズ公開された。

映像は「雨の日、最後の曲です。Car,the garden[カー・ザ・ガーデン]の『STAY』」というナレーションで始まる。Car,the gardenの甘美な歌が流れ、画面にはカメラが1台、ソン・ヘギョ扮するハ・ヨンウンの白黒写真2枚、そして指輪が1つポツンと置かれたテーブル。

その時、テーブルの上のリングとカップルリングのような別の指輪が転がってくる。するとソン・ヘギョの写真が燃えて、彼女の笑顔も徐々に消えていく‥。燃える写真、転がってくるリングなど、ドラマタイトルのような”別れ”を思わせるイメージだ。しかし画面には「だけど私たちの愛は進行中です」というコピーが登場。ただの別れではなく、愛を意味しているのだと暗示している。

“別れ”、”愛”などを象徴するイメージと、感性的なバラードの調和が、見る者の胸の片隅をほんのりと染める。

そして「ソン・ヘギョ X チャン・ギヨン、『今、別れの途中です』」「2021.11.12(金) 初放送」という放送情報の字幕とともに映像が終わった。

『今、別れの途中です』の予告映像は、他のドラマの予告映像とは違い、劇中映像がワンカットも登場しない。俳優が登場して演技を見せてくれるものでもない。しかし『今、別れの途中です』というタイトルの中に込められた別れと愛の意味、ドラマ全体の雰囲気と感性を衝撃的に見せた。まるで一本の、美しいミュージックビデオを観ているような30秒だった。

制作陣によると、最初の予告映像に挿入されたCar, the gardenの『STAY』は、実際にドラマの中に挿入されるOSTの1曲だという。放送前の予告映像に、OSTを披露するという、果敢な企画もまた印象的だ。

あえて多くのシーンを見せず、切ない感性と余韻を残した予告映像。このドラマではどんな愛の形を見せてくれるのか、期待が膨らむ。

SBS新金土ドラマ『今、別れの途中です』は、JTBC『ミスティ~愛の真実~(2018)』のジェイン作家、SBS『浪漫ドクター キム・サブ2(2020)』のイ・ギルボク監督がタッグを組んだ作品で、『ミスティ~愛の真実~』とJTBC『夫婦の世界(2020)』をクリエイトしたクルLine&カン・ウンギョンが参加している。

『今、別れの途中です』予告映像(動画出典:YouTube SBS Drama)
ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース