10月7日、米の交通安全部が公式SNSにBTSファンへ注意を行ったことが話題を集めている。その内容を見ると、BTSペンライトの名称を”ライトスティック(Light Stick)”と呼んでほしいということだが‥。

新型コロナウイルスの世界的流行により、有名アーティストのコンサートが軒並み中止を余儀なくされ、現在も自粛もしくは制限されている状況だ。

K-POPアイドルも例外ではなく、本来であれば世界を回りながら、現地ファンと触れ合う予定のはずが、ここ2年足踏み状態が続いている。

もちろん、オンラインコンサートプラットホームをいち早く駆使し、ファンとの疎通を図っているアーティストはいるものの、彼らとてファンの声援と熱気を感じながらステージに立ちたいだろう。

BTSが『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE』を開催する

『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE』を開催するBTS(画像出典:BTS公式Twitter)

そんな中、世界的な人気を誇るBTS(防弾少年団)が、来る11月にアメリカでオフライン公演を行うことを9月28日に発表。世界中の音楽ファンの間で話題となった。

『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE』と命名されたコンサートは、アメリカ西部の大都市、ロサンゼルスのSoFiスタジアムで開催されるという。

ローズボールスタジアムは、6~9万人もの観客が収容できるスタジアムとして知られ、地元のファンだけでなくアメリカ全域から、多くのファンがロサンゼルスに集まると予想される。

たとえ入場券が手に入らなくても、アメリカを訪れるBTSのために場外応援を試みるファンも大勢いるとの見方も出ており、アメリカの治安や交通、防疫当局にとっては”頭を抱える”事案のようだ。

しかしアメリカ当局を悩ませる問題は、単に人々の”密”といった新型コロナウイルス関連だけではない。アメリカ国内にある、主要施設の警備にかかわる”治安問題”がその1つだ。

彼らの”悩み”を象徴するかのような出来事、それがまさに、今回のアメリカ交通安全部(以下TSA)がARMY(アーミー:BTSファンの名称)に行った厳重注意である。

”ARMY BOMB”はBTSの公式ペンライト

BTSの公式ペンライト”ARMY BOMB”(画像出典:Danmee)

10月7日、TSAは公式SNSに「素晴らしいグループの公演を見るため、ペンライトを所持してロサンゼルスを訪れる計画なら、必ず”ライトスティック(Light Stick)”と言うように」と、案内文を投稿。

TSAの心配の種(?)は、空港での保安検査でBTSのペンライトを所持したファンが、テロ犯に誤認されて空港中がパニックになるという、絶対に招きたくないシチュエーションのようだ。

彼らは何故、このような異例の呼びかけをしたのか‥実は、BTSの公式ペンライトの製品名が”ARMY BOMB(アーミーボム)”であり、直訳すると”軍隊爆弾”であるから。

BTSファンなら誰もが知る名前だが、BTSに詳しくない人にとっては、身の恐怖を感じさせる恐ろしい武器の名前になる。

7人組ボーイズグループBTS

“ARMY BOMB”の呼び方に要注意!(画像出典:BTS公式Twitter)

アメリカ公演が行われることを羨んでいた韓国でも、TSAの素早い(?)対応が話題になっている模様。実体験を交えて「以前アメリカの空港で、本当に私にこんな事が起きたよ」とし「空港のセキュリティー係が驚いた表情で聞いてきたよ‥ヤバかった」と回想するネットユーザーも。

他にも「捕まった人もいるらしい」「分解された人もいるらしい」「アジア系は要注意だね」「(TSAが注意する前に)アメリカARMYコミュニティーでは既に注意を促してたみたい」「BTSのニューヨーク公演の時、野外でARMY BOMB販売イベントが行われたけど、ニューヨーク警察の爆弾処理班が出動したという噂が‥」「捕まってもいいからBTSに会いたい!!」などと、様々な反応が寄せられている。

ファンの間では常識となっている言葉も、一歩外を出れば違う形で認識される危険性は、BTSファンに限ったことではない。別の意味で、TPOをわきまえた(特に国境を超えた場合)言葉使いが必須となりそうだ。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース