俳優のチェ・ウシクが出演する、SBS(Netflix)ドラマ『その年、私たちは』が人気を集めている。そんな中、9年前の彼のインタビュー内容が再注目され、話題になっているという。その内容とは?(記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

俳優のチェ・ウシクが出演する、SBS(Netflix)『その年、私たちは』が人気を集めている。そんな中、9年前の彼のインタビュー内容が再注目されているという。

俳優のチェ・ウシク

再注目されているチェ・ウシクのインタビュー内容とは?(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

1月17日に放送された『その年、私たちは』では、5年ぶりの再会に成功し、2回目の恋愛をスタートしたチェ・ウン(チェ・ウシク扮)とクク・ヨンス(キム・ダミ扮)のデートシーンが公開された。

2人の青春恋愛話をはじめ、キム・ジウン(キム・ソンチョル扮)とNJ(ノ・ジョンウィ扮)の叶わぬ片思いなどに多くの視聴者が共感し、視聴率も上昇している中、主演を務めるチェ・ウシクとキム・ダミの過去のインタビューが話題になっている。

チェ・ウシクは2013年、KBS2『シットコム ファミリー』の放送終了インタビューで、「観る人が共感できる、現実性のあるメロ作品をやりたい」「高校生の役をまたやってもいい。初恋に落ちた姿を必ず1度は表現してみたい」と、演じてみたいキャラクターについて恥ずかしそうに話した。

彼は、8年が経った2021年『その年、私たちは』で、初恋の初々しさを秘めた高校生のチェ・ウンから失恋の苦しみに陥った20代のチェ・ウンまで表現し、この願いを叶えた。

女優のキム・ダミ

『その年、私たちは』でクク・ヨンス役を演じるキム・ダミ(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

それだけでなく、相手役として出演するキム・ダミも、過去に演じてみたいキャラクターとして「現実的な話がいいかな。20代半ばの今、自分の年齢でできる話、青春ものでもいい」と話したことがあり、『その年、私たちは』は、2人の願いが叶った作品となった。

本作は、「一緒にいて最悪だったし、二度と会うのはやめよう!」と終わらせた縁が、再び絡み合いながら経験する失恋という後遺症と、複雑で微妙な感情がまっすぐに描かれている。

毎週月、火曜日の午後10時に放送されている。

TOPSTAR NEWS 提供
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

[su_spacer size=”30″]






編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs