俳優キム・ソンホ(キム・ソノ)の私生活に関する疑惑が浮上した後、韓国ECサイトの11番街は彼の出演する広告などを一時非公開に。しかし11月1日、11番街はキム・ソンホの新たな広告を公開し、一部のネチズン(ネットユーザー)の間で、不買運動が起きている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

キム・ソンホ(キム・ソノ)がモデルになっている広告を再掲したことで、新たな波紋を呼んでいるようだ。

マスクとECサイトはキム・ソンホの広告を再掲しているが‥

マスクとECサイトはキム・ソンホの広告起用を再開したが‥。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

韓国のECサイトである、11番街の公式YouTube(ユーチューブ)チャンネルには、11月1日『グローバルショッピング大祝祭(feat.キム・ソンホ)』というタイトルの映像が掲載された。15秒ほどの短い映像で、キム・ソンホがオールブラックのファッションを身に纏い、ブランドセールの広告を撮影している姿が収められている。

11番街側は、キム・ソンホの私生活に関する疑惑が浮上した後、ホームページのバナーや広告映像など、全て非公開にしていた。

これに対し、11番街側は「この広告は、10月の初めに事前に制作されたもので、疑惑が浮上する前に撮影している」「10月20日に、キム・ソンホが公式に謝罪をした後、相手側も謝罪を受け入れたので、キム・ソンホのモデル活動を公開した」と説明。

(関連記事)キム・ソンホ マスク広告再開‥マスク会社代表が明かした再開理由とは?

しかしこの広告が公開されると、大衆の反応は冷ややかだった。ツイッターのリアルタイムトレンドには“#キム・ソンホのせいで_11番街_退会完了”というハッシュタグが登場し、3000を超える書き込みが掲載されるなど、11番街に向けた不買運動が続いている。

あるネチズン(ネットユーザー)は、11番街の会員退会の認証ショットを掲載し、「あえて疑惑のある芸能人を広告として起用することが不快」「10年間使ったけど、愛想が尽きたから退会する」「中絶を強要した俳優の顔なんか見たくない」などの意見を寄せた。

キム・ソンホに対して、最近芸能界では彼を擁護する意見や、韓国メディアのDispatch(ディスパッチ)などの援護記事が、芸能界復帰への追い風となっているように見える。しかし、広告は消費者と直接結びつく案件なだけに、現在も彼の起用に関して方針を打ち出していない企業は、慎重にならざる得えないだろう。

キム・ソンホは映画『悲しき熱帯』への出演を最終的に決定し、12月に撮影をスタートする予定だ。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

[su_spacer size=”30″]




[su_spacer size=”30″]

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs