• 韓国を代表する俳優夫婦、故イ・ソンギュンさんとチョン・ヘジン夫妻がドラマと映画でそれぞれ還ってくる。
  • チョン・ヘジンは、来年『ライディング人生』で主演を、イ・ソンギュンさんは今年2本の遺作がスクリーンで公開される。
  • ファンはこのニュースに歓喜、チョン・ヘジンには応援の声が多数寄せられている。
故イ・ソンギュンさん&チョン・ヘジン夫妻

故イ・ソンギュンさん&チョン・ヘジン夫妻(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

韓国を代表する俳優夫婦が還ってくる。

これまで数々の作品で活躍してきた故イ・ソンギュンさんとチョン・ヘジン夫妻だ。

このニュースに韓国ではネットユーザーから応援の声が多数寄せられている状況だ。

韓国芸能界が悲しみに暮れたあの悲劇から半年、妻はドラマで、夫は銀幕でそれぞれの芝居を披露する。

チョン・ヘジンドラマ復帰

6月3日、チョン・ヘジンの所属事務所は「チョン・ヘジンが、来年の放送を目標に制作が進められているドラマ『ライディング人生』に出演することが確定した」と発表した。

本作は、『ファン・ジニ』(KBS2/2006)や『マザー~無償の愛』(tvN/2018)などを代表作に持つキム・チョルギュ監督が手掛ける作品。家族間の様々な関係が描かれたストーリーで、チョン・ヘジンは主演を務める予定だという。

少女時代のスヨンと破格的な親子を演じて注目を浴びた『ラブ・パッセンジャー ~私たちの恋愛事情~』(ENA/2023)以来、約1年ぶりの復帰作だ。

故イ・ソンギュンさんの遺作が上映決定

一方、夫のイ・ソンギュンさんは遺作が2作とも、今年の夏に公開される予定。

『脱出:PROJECT SILENCE』と『幸福の国』は、イ・ソンギュンさんの遺作

イ・ソンギュンさんの遺作『脱出:PROJECT SILENCE』(上)と『幸福の国』(画像出典:naver movie)

1本目は、韓国で7月17日にお目見えされる『脱出:PROJECT SILENCE』だ。突然の気象悪化により空港大橋で追突事故が発生、人々が孤立し橋が崩壊する危険を伴うなか、秘密裏に移送されていた軍用実験犬が放たれて多くの人が攻撃の対象になる災害アクションスリラーもの。

イ・ソンギュンさんは、空港大橋に閉じ込められてしまった行政官ジョンウォンを演じている。

2本目は、法廷時代劇の『幸福の国』。本国で8月の公開が予定されている作品だ。

1979年大統領暗殺事件の裁判で、たった1度の宣告によって生死を決められたパク・テジュを救うために奮闘する弁護士の物語。

韓国の現代史を揺るがす事件に巻き込まれてしまった軍人パク・テジュを、イ・ソンギュンさんが務めている。

ファンからは歓喜の声

2人の復帰のニュースに、ファンは大いに歓迎ムード。

一時は、お蔵入りのニュースが流れたイ・ソンギュンさんの遺作だったが、晴れて公開が決定し、彼の最後となる作品を楽しみにしている人は多い。

また夫が他界したチョン・ヘジンには、「応援します!」、「働きながら辛いことは忘れ、自分をいたわって」、「ドラマ絶対に観ます」、「強く自分をもって華やかな演技人生を歩んでください」、「嫌なことを言う人もいるだろうけど、応援している人の方が多いことを忘れず、歩もうとしている道を堂々と進まれることを願っています」という声が後を絶たない。

2人の息子がいる点に触れて「よかった・・さすが母は強し!」と、彼女のたくましさを称える人も。

イ・ソンギュンさんは他界した

他界したイ・ソンギュンさん(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS,共同取材団)

それもそのはず、イ・ソンギュンさんがこの世を去ってまだ半年だ。当時、チョン・ヘジンはもちろん世間にもイ・ソンギュンさんの事件は大きな衝撃を与えた。

薬物使用疑惑により捜査を受けている過程で自ら命を絶ったから。ついこの間まで華やかな活動を繰り広げていたとは思えないスターの極端な選択に多くの人が驚きを隠せなかった。

そんななか哀悼の声ももちろんあったが、一部からは「疑惑への解明責任を果たさなかった」や、「大切な家族を考えない無責任な夫」という批判が飛び出すことに。なんとも悲しい最期になってしまった。

とはいえ、彼が俳優として残した実績は実に大きい。数々のドラマや映画で多くの人の感情を揺さぶり、韓国のエンターテインメントを大いに盛り上げた。

妻は現役女優として、夫は残念ながら現役ではないが本国を代表する俳優として、もう一度ファンの前に還ってくる。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(937件)



ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs