• 『ユ・クイズ ON THE BLOCK』の予告編に登場したキム・スヒョンのビジュアルが、11年前のドラマ『星から来たあなた』と変わらないと熱い視線を浴びている。
  • キム・スヒョンをはじめチャン・グンソク、イ・ミンホは韓国エンタメをアジア№1に導いたスターだ。
  • エンタメ界の歴史を変えたと言っても過言ではない彼らの当時の活躍を振り返り、気になる近況と新作を紹介する。
キム・スヒョンは、『ユ・クイズ ON THE BLOCK』の予告編に登場した

『ユ・クイズ ON THE BLOCK』の予告編に登場したキム・スヒョン(画像出典:YouTube『tvN』映像キャプチャー)

3月13日に放送予定のtvNバラエティー『ユ・クイズ ON THE BLOCK』の予告編にキム・スヒョンが登場、『星から来たあなた』(SBS/2013)から約11年を経てもなお変わらない様子が観る者の目を引いている。

彼といえば本作をきかっけに、一部熱烈なファンに愛されていた韓国エンタメを、一瞬にしてアジア№1に導いたスターの1人。エンタメ産業の歴史を変えたと言っても過言ではない人物だ。

また同時期である2010~2013年頃は、チャン・グンソクとイ・ミンホもキム・スヒョンに負けず劣らず活躍し、アジア全域に一大センセーションを巻き起こしたのが記憶に新しい。

今もなおトップスターとして活躍する彼ら、生まれた年は異なるが今年36歳。キャリアと年齢を重ね、エンタメ界に新たな風を吹かせた20代の頃とは一味異なる魅力でいまだ多くの人を魅了し続けている。そこで、本記事では韓国エンタメをアジア№1に導いた3人の当時の活躍を一部振り返り、気になる近況と新作を紹介する。

キム・スヒョン

キム・スヒョンは、『太陽を抱く月』(MBC/2012)と冒頭で触れた『星から来たあなた』で、韓国エンタメの発展に大きく貢献、前者は日本のドラマファンを虜にし、後者は中華圏で空前のシンドロームを巻き起こした。

キム・スヒョン

キム・スヒョン(画像出典:キム・スヒョン公式Instagram)

以降、比較的マイペースにお茶の間とスクリーンを行き来しながら実績を残し、今年、『ある日~真実のベール』(Coupang Play/2021)以来、約3年ぶりに『涙の女王』(tvN)でドラマ界に還ってくる予定だ。

『星から来たあなた』を執筆したパク・ジウン作家の作品で、夫婦が目のくらむような危機を乗り越えていく奇跡のような愛の物語。

彼は田舎で生まれたクイーンズグループの法務理事役に扮し、妻役のキム・ジウォンと息の合った演技で観る者に感動を与える予定だという。

チャン・グンソク

チャン・グンソクはアーティストとしてはもちろんだが、ドラマ界でも活躍。『美男<イケメン>ですね』(SBS/2009)が、韓国での放送から約1年後にアジア各国で放送されると、日本や台湾でリメイク版が登場するなどドラマを大成功へと導き、王子様キャラで韓国エンタメ界を大いに盛り上げ続けてきた。

チャン・グンソク

チャン・グンソク(画像出典:チャン・グンソク公式Instagram)

途中、兵役で空白期間があり、母親の税金問題など様々な出来事があったが、逆境を乗り越えて昨年は、『餌<ミッキ>』(Coupang Play/2023)で、ワイルドな刑事役を熱演し演技変身に成功。またバンド活動もしており、日本で路上ライブを行うなどこれまでにも増してファンとの交流を積極的にとる姿も。

スターの余裕だろうか、日本では人気があるが韓国ではないと自虐を口にしたこともあり、新たな一面を披露してこれまでとは異なる魅力を発散している。次期作のニュースはまだ聞こえてこないが、彼のお茶の間復帰を心待ちにしているファンは多い。

(関連記事) チャン・グンソク 歌舞伎町のレジェンドホスト?自虐ネタで笑いを取る余裕も

イ・ミンホ

イ・ミンホは、『花より男子~Boys Over Flowers』(KBS/2009)の大ヒットからわずか2年で、『シティーハンター in Seoul』(SBS/2011)も大成功させ、中華圏で絶大なる支持を得た。彼がもたらした功績により、韓国ドラマの輸出契約が次々と締結されるようになったという。

イ・ミンホ

イ・ミンホ(画像出典:イ・ミンホ公式Instagram)

そしてまた2年後には、ツンデレ御曹司キム・タン役が話題となった『相続者たち』(SBS/2013)が、中国を中心にアジアで爆発的人気を博した。今もなお愛され続けている韓ドラ史に残る名作だ。

こうしてロマンスもので活躍してきたイ・ミンホ。彼がラブストーリーでドラマ界に還ってくるのを待っている人は多く、次期作であるSFロマンチックコメディ『星たちに聞いてみて』はまだ未編成だが、制作発表の段階から熱い視線を浴びている。

ファッションブランドの広報大使を務め、モデル顔負けのビジュアルを誇ったかと思えば、自身のSNSでクスッと笑ってしまう動画を公開するなど、かっこいいだけではない魅力でファンを虜にしている彼が、新作ドラマでどのような姿を見せてくれるのか期待される。

(関連記事)イ・ミンホ 笑いの才能解禁? Instagramで見せたクスッと笑える投稿

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(911件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs