約3年振りにドラマ出演が決定した女優のソン・ヘギョ。彼女と共に主演を務めるのは、韓流新貴公子としてブレイク中の俳優チャン・ギヨンだ。11歳もの年の差がある2人が描くラブストーリーとあって、早くも注目が集まっている。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

2018年に放送されたtvN『ボーイフレンド』以来、約3年振りにドラマ主演を果たす女優のソン・ヘギョ。

彼女が出演するのは今年下半期に放送を予定しているSBS『今、別れの途中です』で、チャン・ギヨン、チェ・ヒソ、キム・ジュホンなどがキャスティングされている。

女優のソン・ヘギョは約3年振りにドラマ主演を果たす

約3年振りにドラマ主演を果たす、女優のソン・ヘギョ(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

『今、別れの途中です』は、主人公4人の魅力的な別れと愛の物語を描き出すラブロマンスで、ソン・ヘギョはヒロインのハ・ヨンウン役を演じる予定だ。アパレル企業のデザインチーム長であるハ・ヨンウンは冷静な現実主義者であり、安定第一主義者。彼女は徹底した自己管理を行い、トレンドにも敏感な美しい女性である。

一方、男性主人公のユン・ジェグク役を演じるのは、韓流新貴公子としてブレイク中の俳優チャン・ギヨン。
ユン・ジェグクはラブコールが絶えないほどの人気を誇るファッション専門のフォトグラファーで、頭脳、財力、抜群のビジュアルと全てを備えた人物。”愛”を前にしてもクールに振舞うという、どこまでも完璧なキャラクターだ。

男性主人公のユン・ジェグク役を演じるチャン・ギヨン

チャン・ギヨンは男性主人公のユン・ジェグク役を演じる(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

主人公のキャラクター設定が明かされ、期待が高まっているのは”2人の恋の行方”だ。
おそらくソン・ヘギョとチャン・ギヨンが恋愛模様を描いていくと思われるのだが、そこで気になるのが彼らの実年齢差。ソン・ヘギョは1981年11月生まれの39歳(日本年齢)、チャン・ギヨンは1992年8月生まれの28歳(日本年齢)で、その年の差が11歳とある。そんな彼らがどのような形でラブストーリーを紡いでいくのかと、早くも期待は高まっている。

と言うのも、ソン・ヘギョはこれ以前、年下俳優たちとラブストーリーを演じてきている。
2016年に放送されたKBS『太陽の末裔』ではソン・ジュンギ(35歳/日本年齢)と、2018年にはtvN『ボーイフレンド』でパク・ボゴム(27歳/日本年齢)を相手に、最上級のラブストーリーを披露してきた。しかしいずれも年齢差を全く感じさせず、それどころか視聴者を恋愛当事者かのような気持ちにさせ、憧れまでを抱かせる演技を見せている。これもひとえにソン・ヘギョの優れた演技力と、非の打ち所がない魔性のビジュアルを持つからだろう。

年を重ねるごとにさらに美しさが増していくソン・ヘギョだけに、今回も主演の2人が画に納まっても、彼らの年の差を感じることはないだろう。

3作品連続で年下俳優とのラブストーリーを披露することになったソン・ヘギョ。今回は視聴者にどのような表情を見せ、どのような甘い時間を届けてくれるのだろうか。

最高の主演俳優をキャスティングした『今、別れの途中です』は4月より撮影がスタートし、2021年下半期にSBSにて放送される予定だ。



人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース